【iPadはここまでできる】学生×iPad!勉強に特化したiPadの活用法はすべてここに詰まっている【マニュアル】

きさみん

皆さんの応援が励みになります!
Twitter( @ac_kissanadu)フォローよろしくお願いします!

これが新時代の勉強法だ。

勉強はノートと教科書、ペンがあれば十分。そう思っている貴方にiPadの「可能性」を知ってほしい。

iPadが有るか、無いか。それだけで、間違いなく貴方の勉強スタイルは一変します。バッグをやたら重くするノート類や資料、全部iPad一台に集約してみませんか?

なぜ学生にiPadが必要か?

その壱、はるかに効率的。ノートを取るのも、教科書を見るのも、資料をまとめるのも、全部iPadで。なんてシンプルなのでしょう。
Split Viewで画面分割すればマルチタスクも楽々。教科書を見ながらノートをとったり、文章を読みながら単語を辞書で調べたり。

その弐、クラウドと同期。とったノートや保存した資料はクラウド経由でスマホやPCに自動で同期。どこからでもチェック・編集ができます。Appleデバイス同士ならAirDropで大容量データを簡単にやり取りすることも。

その参、楽々エクスポート。iPadで作成したレポートはAirPrintで簡単に印刷、そして提出。ノートや資料は誰とでも共有可能。ファイル管理の優秀性は言うまでもありません。

この記事はiPadを持っていない人にも、既に使っている人にもiPadの魅力を最大限に引き出す活用法をお見せすることを一つのゴールとして執筆されました。それでは本題に入りましょう。

勉強に最適化したiPad環境はこうだ

iPadを用いて理想の勉強環境を構築するとすれば、どうなるか?
学生目線で見たiPad、ひいてはアクセサリ選びの一基準をご紹介。

iPadを勉強のお供にするなら、選ぶはPro一択

勉強用途を見据えてiPadを購入するならば、最初に選ぶべきは現状ほぼ一択。すなわちiPad Proです。

その所以たるは第2世代Apple Pencilの卓越した使い勝手。iPad本体にくっつけるだけでワイヤレス充電、ペンをダブルタップでペンと消しゴム、その他様々なツールの切り替えができます。

第2世代Apple Pencilの利便性は第1世代のそれをはるかに上回る。

iPadとApple Pencilでノートテイキングをするからこそ、充電の煩わしさを一切感じさせない第2世代のペンシルは長期目線で大きな利点になります。
これに現状合致するiPadはProのみという訳です。

特にiPadを「ノート」「電子書籍リーダー」としてフルに活用するのであれば、iPad Pro 12.9インチがオススメです。

iPad Pro 12.9インチとB5ノートの大きさ比較。

B5ノートを原寸で表示できるサイズであること、さらにSplit Viewで教科書・ファイルとノートを分割表示してもストレスを感じないディスプレイの広さが12.9インチの魅力です。
いわば何でもできる魔法のキャンバスがそこにあるようなもの。大きさゆえに片手で持ちづらいのがトレードオフといったところです。


アクセサリ類は「一体化」でなく「分離」すべし

ペンケース、ノート、教科書といった「勉強道具」が重くてデカくてかさばっていたら、勉強する気も失せてしまうものです。iPadも同じ。勉強のツールとして使ってやるなら、できるだけ「素」の状態で持ち運びたいものです。だってiPadの一番の魅力はその取り回しの良さにあるのですから。

iPadは出来るだけ「素」で持ち歩くべし。

スマートキーボード、スマートカバーのようなスタンド・キーボード・カバーの役割を「一体化」した製品は便利かもしれませんが、いずれも使わないときはただiPadを重くするおもりでしかないのです。

カバー付きのiPadを机に置いて書きものをすると、液晶面と机の段差が増すので、当然書き心地が悪くなります。iPadはただでさえ本体サイズが大きいのに、キーボードやカバーをつけてさらに厚く重くしたらなおさら使いにくくなるのは明白なんです。

実際にスマートキーボードを使っていた経験からこんなことを言っている訳ですが、それでもiPadを立てて動画を見たいときや、レポート作成のためにキーボードを使いたいときは少なからずあるでしょう。

必要なものだけ組み合わせて使うスタイル、これぞ最適解。

ならば、スタンドとキーボードは別々に用意し、必要な時だけ持ち歩いて使うというのはどうでしょうか?持ち運ぶ物量は減って、iPad単体の使い勝手は増す。使わないときはジャマでしかない一体型ケースと違って、必要なものだけを組み合わせて使うことができるのです。

スタンドを持ち歩く

Nulaxy スマホ・タブレットスタンド。

僕が使っているスタンドは、Nulaxyの折りたたみ式スタンドです。スマホやNintendo Switchから12.9インチの大型iPadまで安定して支えることができます。

折り畳むと超コンパクトで、使いたい時にさっと取り出してセットすることができます。これ一つあればiPadだけでなくスマホやゲーム機も立てられるのが、スマートカバーにはない利点でしょう。

折りたたむとコンパクトサイズに。
  

キーボードを持ち歩く

Apple Magic Keyboard。

こちらはAppleの純正キーボード。デスクトップ用と思いがちですが、薄くて軽いので実は持ち運びにも適しています。iPadでもMacおなじみのショートカットが使えるので、Macユーザーには特におすすめ。お値段高めなのがネックですかね。


iPad×デジタル化|重たい教科書は自炊してiPadに集約しよう

ここからは具体的なiPadの活用例に触れていきましょう。まず、iPadで勉強するならぜひ挑戦して欲しいのが、教科書・資料のデジタル化=自炊です。

自炊は①教科書を裁断、②スキャン、③PC・スマホ・タブレットで読みとり(OCR処理)の一連の工程からなります。一見難しそうですが、案外手軽にできてしまうものです。

自炊は想像以上にカンタン

まず教科書の裁断機ですが、何万円もする裁断機に費用を投じる必要はありません。本の裁断を代行してくれる外部業者に委託すれば驚くほど安くすみます。最近は、自炊ブームのおかげで1回数百円で裁断機を使用できるお店なんかも増えてきました(キンコーズとか)。

続いて裁断した本をスキャンするために、スキャナーが必要になります。この初期費用をケチると後々後悔するかもしれません。スキャナーはプリンター付属のような一枚ずつセットするタイプではなく、束でセットして連続で読み込めるものを買いましょう。

富士通「ScanSnap iX500」。

僕は富士通のScanSnap iX500を使っています。裁断した本を100ページ区切りにして束でセットすれば、両面一枚2〜3秒とかなり速いペースで連続読み取りしてくれます。数百ページの教科書もほんの5,6分でスキャンしてくれる快適さは一度味わってしまうと手放せません。
写真だと大きく見えますが、蓋部を畳むと結構コンパクトになるので、置き場所には困らないはず。現在は新型のScanSnap iX1500が出ているので、こちらをオススメします。

最後に、スキャンした本に印字されていたテキストを「文字データ」として認識する工程が必要になります。これをOCR(光学文字認識)と言います。

スキャナーを購入した場合、大半はOCRソフトが付属しているか、公式ホームページからダウンロードすることができるはずです。

PCでScanSnapのスキャン方法を指定できる。

例えば上のScanSnapの場合、付属する専用ソフトで読み取りの方法(認識する言語は何か、読み取りの精度はどうするか)を詳細に指定してからスキャンすることができます。あとはスキャンと並行してソフト側が自動でOCRをやってくれるんですね。
AdobeのAcrobat ProのようなOCR機能が付いている外部ソフトを使えば、さらに精度の高い文字認識ができます。

Scansnapの場合タブレット・スマホ用の専用ソフトからスキャンすることもできて便利ですが、こちらはOCR機能がないので文書データではなく「画像データ」として読み込まれます。つまり、現状OCRをするならパソコンが必須ということです。

ScanSnapの場合、iOSアプリでのスキャンにはOCRが無い。
ScanSnap Connect Application-J

ScanSnap Connect Application-J
開発元:PFU LIMITED
無料
posted withアプリーチ

教科書の閲覧・書き込みは「PDF Expert」で

紙媒体と使い勝手は似ている。

一度自炊した教科書や資料は、見たいときにいつでもiPadから閲覧することができます。デジタルデータの強みは膨大なページから指定したワードを瞬時に検索できる点と言えるでしょう。入力したワードが含まれているページだけを一瞬で弾き出し、並べて表示してくれる光景には毎度感動させられます。わざわざ索引を経由する従来のやり方と比べてしまえば、その差は一目瞭然。OCR化の大きな恩恵です。

自炊した教科書やプリントはOCR化されているので、テキストにマーカーを引いたり、注釈をつけたりと、普通の紙と同じような感覚で扱うことができます。

教科書に注釈をつけたり、図をスクショしてノートに貼り付けるのも簡単。

iPadのPDFビューワーは「PDF Expert」がベスト

PDF Expert by Readdle

PDF Expert by Readdle
開発元:Readdle Inc.
¥1,200
posted withアプリーチ

PDFビューワーは本当に色々ありますが、僕はPDF Expertをオススメします。有料アプリですが、閲覧・注釈のみならずOCR化されたテキストを後から編集したり、アウトラインを作成したりと欲しい機能がほとんど揃っているのが魅力です。

きさみん

これだけの機能が1,200円で手に入るのはかなりコスパ良いよね!

1, 2枚のプリントならiPad単体で楽々スキャン

授業で配られたプリントを、その場でスキャンしたい。そんな時に活躍するのが、iPadのスキャンアプリです。

「Office Lens」で瞬時にプリントをPDF化しよう

iPadのカメラでプリントを撮影すると…

四辺を自動認識、歪みを補正した上でPDF化。

「Office Lens」はマイクロソフトの純正アプリですが、無料でダウンロードでき、しかもスキャンの精度が高いのでかなりおすすめ。プリントをiPadのカメラで撮影するだけで四辺を自動認識し、歪みを補正した上でPDF化してくれます。
コイツがすごいのは、PDF形式で保存する際に簡単なOCRも自動でやってくれちゃうところ。もらったプリントをその場でデータ化して、テキスト検索もできる優れものです。

Microsoft Office Lens|PDF Scan

Microsoft Office Lens|PDF Scan
開発元:Microsoft Corporation
無料
posted withアプリーチ

iPad×ノートテイキング|見たいときにいつでもアクセス

デジタル勉強の醍醐味はここにある。iPadなら、紙のノートよりもずっと効率的なノートテイキングを実現できます。

手書きノートアプリで、勉強がこんなに楽しくなるなんて

iPadとApple Pencilでノートをとるなら「手書きノート」専用のアプリを使うことをオススメします。この手のアプリは本当にたくさんあるので、ぜひ自分にあったものを選んで欲しいのですが、ここではオススメのアプリを2つ紹介しようと思います。

機能よし、UIよし、万能選手の「GoodNotes 5」

手書きノートの定番、かつ僕が最も気に入っているアプリ。最近GoodNotes 4からアップデートしてさらに使いやすくなりました。GoodNotesの活用例については以前に別の記事でかんたんに紹介しました。こちらもぜひご覧ください。

iPadで手書きノートを取るならコレ。学生目線で「GoodNotes 5」の使い方を紹介
GoodNotes 5

GoodNotes 5
開発元:Time Base Technology Limited
¥960
posted withアプリーチ

ペンやノートのカスタマイズが楽しい。「Noteshelf 2」

GoodNotes に並ぶ定番アプリですね。こちらはUIデザインの美しさとノートやペンの種類などカスタマイズ性が高いのが魅力です。

GoodNotesとNoteshelfの違いを知りたい!という方は、それぞれの長所と違いをこちらの記事↓で詳細に比較しています。どちらも有料アプリなので、購入の前にこの記事を読んでどっちが自分の使い方に合いそうか考えてもらえたら嬉しいです。

【保存版】iPad手書きノートアプリの定番「Noteshelf 2」と「GoodNotes 5」の共通点・違いを徹底比較!
Noteshelf 2

Noteshelf 2
開発元:Fluid Touch Pte. Ltd.
¥1,200
posted withアプリーチ

手書きノートアプリを活用したノートテイキングは、マンネリ化していた勉強を一段と楽しいものにしてくれるはずです。

ネットから画像をドラッグしてノートに貼り付け。

例えば、ノートを取りながらネットからとってきた画像をドラッグして貼り付けたり、あるいは片方に教科書を表示しながら、もう一方でノートをとったり…

Split Viewで教科書を表示しながら、ノートをとる。

さらに、とったノートは手書きの文字も含めてOCR化され、後から検索することができます

紙のノートじゃできない、まさにデジタルの長所と言えますね。


書き込める単語帳として使う

GoodNotesのタブ切り替えで穴埋めと解答を行き来できる

iPadが電子単語帳になったら。電車の中でiPadを取り出し、単語帳を開く。見て覚えるだけでなく、スタイラスで実際に単語を書いて覚える。もちろん書いた内容は後から消してまっさらにできる!

まあ、それくらいじゃ驚かない、という人も多いでしょう。では、iPadのノートアプリを活用した効率的な暗記法を一つご紹介しておきます。

まずはこちらをご覧ください。

参考 【医学生流】iPadのノートアプリGoodNotesを活用した超効率的暗記法でじすたねっと by digi(デジ)

この記事ではiPadとGoodNotesのタブ機能を活用して赤シートを使った暗記法を擬似的に再現する方法が説明されています。
ちなみに上の写真もこのタブ機能を利用したものです。

iPadとノートアプリを活用すればいろんな勉強法ができること、少しわかってもらえたでしょうか?

iPad×レポート・プレゼン作成|グラフもLaTeXによる数式入力もラクラク

iPad キーボード レポート

iPadでも高いクオリティーのレポートを書くことができる。

大学生にはつきものなレポート課題。レポートといえばWordでしょ?って思う人は多いでしょうが、この記事を読んでからはぜひその考えを改めて欲しいと思います。
ここではiPadの純正アプリ「Pages」を例に、レポート作りが楽しくなるような活用法をお見せします。


PagesでLaTeXを使って数式を入力する

下は、僕がiPadでPagesのみを用いて作成した物理のレポートです。

iPad単体でこれだけできるのか!ええ、存分に夢を膨らませてください。この記事はiPadが秘める可能性をお見せすることが目的なのですから。

PagesやWordのような主要ワープロソフトでは、LaTeXを用いた高度な数式入力ができます。Pagesなら、画面右上の+から「方程式」を選択してLaTeXコードを打ち込むだけ。

コードの出力結果は画面上にリアルタイムで反映されます。

いや、待ってください。「LaTeXコードを打ち込むだけ」?

TeXをかじった経験のある人ならお分かりの通り、コード入力は案外手間がかかるものです。そもそもプログラミングを知らない方からしたら「わざわざ長いコードを打って数式を入力するなんて面倒臭い」と思うのは当然のこと。

そこで、新たな「ツール」を導入します。


手書きの数式をTeXに変換して効率アップ

そんなアプリあるのか、って思いますよね。実は、アプリではないのです。しかもプライスレス。

紹介するのは、MathというWebサイトです。このサイトが優秀なのは、手書きした数式を自動でTeXコードに変換してくれるという点です。

iPadでMathを開き、左のスペースに数式をかくと、TeXコードとその出力結果をすぐさま表示、コードはコピー&ペーストすることができます。

これをPagesと組み合わせると、やたら長いコードを打ち込むことなく簡単に数式入力ができてしまうのです。

壱、Split ViewでMathとPagesを並べて表示、入力したい数式を手書き。

弐、表示されたTeXコードをコピー。

参、Pages側でペースト。完成。

この感動体験はぜひ一度味わって欲しい、そう強く思うところです。
ちなみに、Mathでは関数を入力するとコードに加えてグラフ出力も表示してくれるので、Pagesにグラフを貼り付けてレポートの説得力を上げることができたりします。


「Chirys Draw」で化学構造を描く

レポート作成におけるiPadのポテンシャルを十分に味わっていただいたところで、もう一つオススメのアプリを紹介しておこうと思います。

化学構造を記述できるアプリ「Chirys Draw」

iPad上で化学構造を直感的に描けるアプリ。右側のリストに並べられたパーツを組み合わせ構造式を記述。左上には描いた構造の示性式と分子量、質量などの情報が表示されます。
さらに、作成した構造式は外部にエクスポートできるので、化学分野のレポート作成で大いに役立ってくれます。

Chirys Draw

無料
(2019.04.22時点)
posted with ポチレバ

完成したレポートはどこでも無線で印刷。USBは必要なし

紙媒体で提出する課題の場合、iPadで作成したデータを外に還元しなくては
なりません。自宅にAirPrint対応のプリンターがあれば、共有ボタンから一瞬で印刷が完了します。

ではプリンターが無い、あるいはAirPrintに対応していなかったら。iPadにはUSB端子が無いから外部にエクスポートもできない…?
心配ご無用。専用アプリをダウンロードすればコンビニのコピー機で無線印刷ができます。

オススメアプリ:PrintSmash
PrintSmash

PrintSmash
開発元:Sharp Corporation
無料
posted withアプリーチ
オススメアプリ:netprint
netprint

netprint
開発元:Fuji Xerox Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

ファミリーマート・ローソン系列なら「PrintSmash」、セブンイレブン系列なら「netprint」というアプリで無線印刷が可能です。ものは試し、一度やってみてください。その簡単さに驚くはずです。

iPad×自己学習|学生必見のiPadアプリたち

情報収集はブラウザや辞書アプリを活用

Wikipedia|ブックマーク機能が便利

毎日オススメ記事をピックアップ。きになる記事はブックマークに保存して素早くアクセス

情報収集といえばおなじみWikipedia。実は専用アプリがあって、これが頻繁に参照する記事をブックマークしたり、カテゴリ別にラベルして分類したりできて結構便利だったりします。

ウィキペディア

ウィキペディア
開発元:Wikimedia Foundation
無料
posted withアプリーチ
Weblio|無料なのに優秀な多言語辞典

電子辞書アプリはどれも高価なものばかりですが、無料でダウンロードできる多言語辞典「Weblio」はかなりオススメ。複数の信頼たる辞書から検索結果を引用して表示してくれるので、信憑性もバッチリ。英和・和英のみならず中国語・韓国語辞典なども収録していて、ラインナップはかなり広いです。

会員登録すると単語帳を用いた単語学習もできるというのが凄いところ。

Weblio英語辞書 - 英和辞典/和英辞典・翻訳

Weblio英語辞書 – 英和辞典/和英辞典・翻訳
開発元:Weblio
無料
posted withアプリーチ
TED|日々の英語学習に最適
TED

TED
開発元:TED Conferences
無料
posted withアプリーチ

TEDの公式アプリは入れておくと面白いですよ。様々なテーマに関する数分〜数十分のスピーチ(英語)が収められていて、気になった分野から勉強を始められます。扱うトピックが結構面白くて、聞いてて飽きないのが良いです。リスニング学習にも役立つと思います。

ストリーミング再生に対応しているので、気になった動画は端末に保存してオフラインでも再生することができます。

Kindle・ブック|書籍から情報収集
Kindle

Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

電子書籍アプリといえばこの2つ、すなわちApple純正の「ブック」とAmazonの「Kindle」ではないでしょうか。オススメというよりは、最低限入れておいて欲しいアプリです。


まとめ:iPadに秘められた無限の可能性

iPad Pro MacBookPro 活用

iPadを買えば、「できることの多さ」にきっと驚くはず。

iPadを使い始めて2年、切に思うのは「もっと早く買っておけばよかった」という後悔です。

理系であれ文系であれ、高校生であれ大学生であれ、あらゆる学生にとってiPadは相性抜群の相棒になり得ることを知って欲しい。そんな思いからこの記事を執筆した次第です。

これを読んで、少しでもiPadに秘められたポテンシャルの高さ、従来と異なる革新的な勉強法の一端を感じてもらえたら嬉しいです。


撮影に使用した機材

コメントを残す