Touch Barは不要?なら自分好みにカスタマイズすればいいじゃない!BetterTouchToolでタッチバー徹底カスタマイズ術

きさみん

皆さんの応援が励みになります!
Twitter( @ac_kissanadu)フォローよろしくお願いします!

2016年にフルモデルチェンジを果たしたMacBookPro。それからというもの、MacBookProの評判を見ると必ず 目に付くのが「タッチバーは不要」の文言です。

さて、この記事を読んでくださっている方の多くはMBPユーザー、それもTouchBarという慣れないテクノロジーの扱いに苦戦しているものと思いますが、かくいう僕も「TouchBar」を上手く活用できないままただ放置する日々を過ごしていました。

そう、「BetterTouchTool」と出会うまでは。

カスタムパターンは無限大

Macのおすすめアプリといえば第一に思いつくのが「BetterTouchTool」。
その正体はMacの長所とも言えるトラックパッドやマウスのジェスチャー機能をさらに拡張してくれるアプリで、設定次第でMacの使い勝手を極限まで高めてくれる優れモノです。

ところがこの「BetterTouchTool」には何気に、TouchBarのカスタマイズ機能も実装されているのです。

そして実際に使ってみると本当に驚かされるのが、カスタマイズ性の高さ。
通常、ショートカットを作ろうとしたら「トリガー」(きっかけ。特定のジェスチャー、ボタンを押す、など)と「それに伴う動作」(アクション)を決めてやって、一連のワークフローを作成します。

ワークフローの例。TouchBarのアイコンをタップすると…(トリガー)

NETFLIXのトップページが立ち上がった(アクション)。BetterTouchToolでは「トリガー」と「アクション」を無限通りに指定できる。

BetterTouchToolではバリエーション豊富な「トリガー」が標準で備わっていて、「アクション」に至っては元々用意されたモノに加えて「Automator」のワークフローやAppleScriptも指定できるので、やろうと思えばこれ一つで究極の仕事効率化を実現できてしまう訳です。

きさみん

AutomatorやAppleScriptを使えばどんな複雑なアクションも作成できるから、例えばボタンを押しただけで複数のタスクを自動で実行する、なんてことが普通にできちゃう!これぞ究極のショートカット。

TouchBarのカスタマイズ例、お見せします

BetterTouchToolの機能がわかったところで、重要なのはその使い方。なので、ここでは例として僕のTouchBarカスタマイズをご紹介したいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

BetterTouchToolの標準機能に加えて、「Automator」のワークフローやAppleScriptを駆使して「これなら使いたいと思える」TouchBarを目指してます。原型はもはや見る影もありません。

説明
① 現在時刻
② 音量・輝度スライダー
③ Siri
④ スクリーンショット・指定範囲の読みあげ
⑤ すべてのアプリを終了
⑥ 指定URL・アプリの起動と表示(ボタン長押しで終了)
⑦ CPU使用率(ボタンタップでアクティビティモニタ起動)

アプリ一つでここまで自由にいじれるっていうのが、本当に驚きですよね。ともかく、どうやって作ったのか簡単に解説していきたいと思います。

最初にやっておきたい設定

まずBetterTouchTool(以下BTT)のTouchBarの項目から、「General Touch Bar Settings」をクリック。

「Show macOS Control Strip」のチェックを外すと、TouchBarのデフォルト表示を隠して、BTTで設定した項目だけを表示することができます。
この際Esc(エスケープ)ボタンを残したい場合は「Show ESC Button」にチェックを入れておくと良いでしょう。

BetterTouchToolの標準機能を活用しよう

① 日付・時刻を表示する

早速オリジナルボタンを追加していきたいのですが、実はあらかじめ用意されたテンプレートがいくつかあって、これを利用すれば簡単にウィジェットボタンを作成することができます。

まずは現在時刻と日時をTouchBar上で表示するウィジェットを追加してみます。

BTTのホーム画面から、⑴「TouchBar」のタブを開き、⑵「Global」をクリックします。
Globalで設定したウィジェットは基本的にどのアプリでも適用されることになります。もちろん、アプリ別に異なる設定を適用することもできますよ。

⑶「+WIdget/Gesture」をクリックすると、下のように新しいウィジェットボタンが追加されます。

⑷「Select WIdget」を押すと、BTTにあらかじめ用意されたウィジェット一覧が表示されます。この中から「Date/Time」を選択すると、詳細設定に移ります。

色々設定項目がありますが、最低限覚えて欲しいものは上の画像で示しています。表示方式の設定ですが、基本的なコマンドは以下の通りです。

  • yyyy=(西暦)〜年
  • MM=月
  • dd=日
  • aaa=AM or PM(午前 or 午後)
  • hh:mm:ss=時:分:秒

なので、例えば「yyyy年 MM月 dd日 hh:mm」と入力すれば「2019年 02月 23日 09:41」のように表示されます。

あとはアイコンの背景色やフォントカラーを選択、表示順序を指定すれば基本の設定は完了です。実際にTouchBar上で表示を確かめてみましょう。

② 音量・輝度調節スライダーを設置する

これもBTTのテンプレートにあるので簡単に設定できます。先ほどと同様にウィジェット一覧から「Volume Slider」「Brightness Slider」を選択します。

設定項目では、スライダーの長さや左右に表示されるアイコン、調節ノブのアイコン等を自由に設定することができます(デフォルトのままでも問題ない)。
僕は、左のアイコンのみデフォルトで表示し、右のアイコンは非表示にしています。またノブのアイコンには黒丸のPNG画像をドラッグして、白抜きで表示させてみました。


上記の設定だとこんな風に表示される。

きさみん

白抜き表示は「Draw Knob Icon White」にチェックを入れるだけ!

③ デフォルト同様の「Siri」を設定する

TouchBarのデフォルト表示を隠すと、Siriの起動ボタンも表示されなくなってしまいます。そこで、デフォルトと同様のSiriボタンをオリジナルTouchBarで復活させます。

これも設定は案外簡単で、⑴「+TouchBar Button」を選択、ボタン名はとりあえず適当に決めて、⑵ アクションに「Start Siri」を指定してあげましょう。「Start Siri」はBTTに予め用意されたアクション集の中に入っています。

きさみん

「OS X Functionality」の中にあるよ!検索フォームに「Start Siri」と打ち込んでもOK!

これで、

  • トリガー;ボタンを押す
  • アクション:Siriが起動する

というワークフローができました。続いて、ボタンの見た目をカスタマイズしていきます。

⑶ アイコン表示欄に、ネットから拾ってきたSIriのPNG画像をドラッグしてやります。

設定画面で「Icon only, no text」にチェックを入れると、設定したアイコンのみが表示されるようになります。アイコンサイズは縦横を自由に調節できます。

ちなみに、アプリのアイコンはネットから拾ってくるのではなく、画像として直接抽出することもできます。

例えばSiriなら、Finderのアプリケーション一覧で「”Siri”をコピー」を選択。

続いて「プレビュー」アプリを起動して「ファイル」→「クリップボードから新規作成」を選択すると…

アプリアイコンの画像データが表示されました。あとは好きな名前をつけて保存するだけ。簡単ですね。

④ ボタン一つでスクリーンショット、テキスト読み上げ

スクリーンショットはデフォルトでも実装されていますよね。方法は③のSiriと同じで、新規ボタンを追加してアクションをBTTに元から用意されている 「Capture&Edit Screensh」に設定するだけです。

ボタンの見た目も③と同様にして調整してあげます。

もう一つはボタンを押すだけで選択した範囲を読み上げてくれるショートカット。これがあればお気に入りのブログがオーディオブックに。

これも設定は簡単で、「+TouchBar Button」で新規ボタンを作成したあと、あ「Custom Keyboard Shortcut」に選択範囲読み上げのショートカットキー(⌥G)をアクションとして入力すればOK。

Automatorのワークフローを活用しよう

Macの純正アプリ「Automator」を使えばもっと複雑なアクションを作ることができます。そしてBTT側でそれをアクションに設定すれば、ボタン一つで様々なアクションを実行するショートカットが作れるわけです。

Automatorとはなんぞや?という方は、こちらの記事でAutomatorのしくみ・使い方を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

もっと理解を深める
Mac純正アプリ「Automator」で最強のYoutubeアラームを作る!

⑤ 特定のアプリを除く、全てのアプリを終了するショートカット

Automatorを使ったショートカットの例をご紹介します。まずはボタン一つで全てのアプリを閉じることができるショートカット。

Automatorの「ワークフロー」新規書類を開き、左のリストから「すべてのアプリケーションを終了」を選択します。このとき「これだけは閉じたくない」というアプリがあれば、「終了しないもの」リストにアプリを追加すればOK。

あとはBTT側で新規ボタンを作成(やり方は③Siri起動ボタンの場合と同じ)して、アクションで「Start Automator Workflow」を選択、先ほど作ったワークフローを指定してあげます。

これで

  • トリガー:ボタンを押す
  • アクション:指定したAutomatorワークフローを実行する

という一連の流れができましたね。

あとは③と同様に、設定項目からボタンの見た目を調整するだけです。

⑥ まるでスマホの様なアプリアイコンを設置しよう

SafariやGoogleChromeでよく開くサイトって、ブックマークに保存したりしますよね。でももっと素早くアクセスする方法があります。

Automatorを活用しましょう。「ワークフロー」形式で新規書類を開き、上の様なアクションを作成します。

  • 「指定されたURLを取得」で開きたいサイトのURLを入力する。
  • 「Webページを表示」

続いてBTT側で⑤と同様にボタンを作成、今作ったワークフローをアクションとして設定してやります。そうすれば、ボタンを押せば指定したサイトが表示されるショートカットの完成です。

僕はPocketやGoogleカレンダー、Youtube、NETFLIXなどよく開くサイトに直接アクセスできるアイコンをTouchBar上に並べています。

きさみん

スマホのアプリアイコンをタップする様な感覚で使えて便利!

サイトだけでなく、特定のアプリを立ち上げるショートカットも作れます。これはAutomatorを使うことなく、BTTの「Predefined Action」で「Launch Application」を選択し、開くアプリを指定するだけ。アイコンは③と同じ方法で設定してあげましょう。

ボタン長押しで別のアクションを実行させる方法

実はBTTなら、同じボタンでも、短くタップした時と長押しした時で別のアクションを設定することができます。ただし方法は少し複雑。

例えば先ほどの ⑤アプリアイコン で、

・短くタップ→指定したアプリ・サイトを起動して表示
・長押し→アプリを終了

という別々のアクションを設定するとします。まず、BTTの「Other」タブを開き、「指定したアプリを終了する」アクションを作成します。

きさみん

BTTのテンプレートで特定のアプリに「⌘Q」ショートカットを送るようにしても良いし、Automatorでアプリを閉じるワークフローを作成してもOK!

続いてボタンの詳細設定で「Long Press」の設定項目を見つけて、先ほど作成したアクションの名前を入力します。これで、

・トリガー:ボタンを長押しする
・アクション:指定された名前のアクションを実行する

一連の流れができました。

スクリプトで複雑なアクションを作ろう

ここまで色々学んでくると、もっと複雑なショートカットを作りたい、と思う方もいるんじゃないでしょうか。結論から言うと、できないことはないです。スクリプトを書ければ。

とはいえ、ShellScriptやAppleScriptのコード集はたくさん出回っているので、案外コピペで使えてしまうことも多いです。

⑦ CPU使用率を表示する

TouchBar上にCPUの使用率を常に表示するウィジェットです。仕組みとしては、psコマンドで取得したCPU使用率をTouchBar上に表示するというもの。

「+Widget/Gesture」から、「Run Shell Script and Show Return Value」を選択します。そして実行するスクリプトを書き込んでいく…という流れです。

今回はottanxyzさんが公開しているソースコードを使わせていただきました。こちらのサイトではメモリの使用率やバッテリー残量を表示するスクリプトも紹介されています。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

さらに、⑥の方法を利用して、CPU使用率のボタンをタップするとアクティビティモニタが起動するようにしました。これでパソコンの状態をいつでもチェックすることができます。

TouchBarは使い方次第で十分活かせる

さあ、これをみても「TouchBarはいらない」なんて言い切れるでしょうか?BTTでTouchBarをカスタマイズしてからというもの、まるでPCとスマホが融合したかのような使い勝手の良さに驚かされるばかりです。

よく使うショートカットだけを厳選して並べてあるので、TouchBarを使う機会も当然増えます。タッチバー付きのMacBookProを初めて手にしたときからずっと持て余していた「違和感」が解消されるような感覚。

だから、諦めないでほしい。もう一度TouchBarの可能性に目を向けてほしい。この記事がそのきっかけになれば幸いだと思っています。

BetterTouchToolのインストール方法

今回紹介したBetterTouchToolですが、AppStoreでは購入できないので注意してください。アプリは公式サイトからダウンロードできます。

ただしこのソフト、有料です。支払い方法は色々ありますが、僕がオススメするのは同社が販売する別のソフト「BetterSnapTool」を買い切り360円で購入することです。このアプリを購入すると、BetterTouchToolのアクティベーションコードもタダでついてきます。しかも「BetterSnapTool」はAppStoreからダウンロード可能なので、2つの神アプリをお手軽にゲットできちゃいます。

Apple 13.3インチ TouchBar搭載 MacBook Pro Retinaディスプレイ 2300/13.3 MR9R2J/A [スペースグレイ] SSD:512GB【smtb-k】【ky】【KK9N0D18P】

created by Rinker

コメントを残す