BECOME A MEMBER

SEEKERS

ガジェット・モノ好きが集う情報共有プラットフォーム。モノやサービスのアイデアを、 記事にして共有しよう。

New Post

Product

サンワサプライからHDMIポート搭載のUSB Type-Cハブ。 4K対応で周辺機器接続が容易に

サンワサプライは4月8日、ケーブル一本でPCと周辺機器を接続できる機能を備えたUSB Type-Cハブ「USB-5TCH15BK」を発売しました。4K・30Hz対応のHDMI出力ポートを備え、ハブを介してマルチディスプレイ環境を構築できるのが特徴です。

Pick Up

Product

Meta Quest・PSVR1対応のVRスタンド 「GXR-Stand」 登場。 VRゴーグルとコントローラーを一箇所に収納可能

海外のデジタルガジェットを中心に扱うGlotureは、VRデバイスとコントローラーを一箇所に収納できるディスプレイスタンド「GXR-Stand」を自社のECサイトで販売開始しました。「Meta Quest 2」「PlayStation VR1」など複数の製品に対応。VRデバイスを魅せるシンプルなデザインで、既存のインテリアにも自然に溶け込みます。
Review

ライト層に開かれた音楽の世界。 「AirPods Pro」 をいまさら購入した理由

iPadを除けば新製品にすぐ食いつくことの少ないボクだが、例に漏れず「AirPods Pro」も発売から半年近く経ち、やや話題性も薄れてきた時期での購入となった。結論から言えば「もっと早く手に入れておけば良かった」と後悔しているわけだが、今回はなぜこのタイミングでAirPods Proを購入したのか、その理由に目を向けてみたいと思う。

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

Review

Windows搭載の 「ASUS ROG Ally」 は、 どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー

ASUSのゲーミングブランド「ROG」は5月29日、ポータブルゲーミングPC「ROG Ally」を発表しました。 Windows 11 Homeを搭載することで、SteamをはじめとするPCゲームはもちろん、モバイル(Android)ゲームからクラウドゲームまで一台で幅広く遊べるのが特長です。
本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています (詳細

ASUSのゲーミングブランド 「ROG」 は5月29日、 ポータブルゲーミングPC 「ROG Ally」 を正式発表しました。

Windows 11 Homeを搭載することで、 SteamをはじめとするPCゲームはもちろん、 モバイル(Android)ゲームからクラウドゲームまで一台で幅広く遊べるのが特長です。

大画面のテレビやモニターに接続して据え置き機のような使い方も可能。 別売りの外付けGPU 「ROG XG Mobile」 と組み合わせれば、 ゲーミングデスクトップに匹敵する性能を手に入れることができます。

Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

Review ASUS ROG Ally
型番 RC71L-Z1E512 RC71L-Z1512
本体カラー ホワイト
プロセッサ AMD Ryzen Z1 Extreme
3.3GHz/5.1GHz
AMD Ryzen Z1
3.2GHz/4.9GHz
メインメモリ LPDDR5-6400
16GB/16GB
SSD 512GB (PCI Express 4.0 x4接続)
GPU AMD Radeon グラフィックス (最大8.6TFlops FP32) AMD Radeon グラフィックス (最大2.8TFlops FP32)
表示機能 ・ 7.0型ワイドTFTカラー液晶
・ グレア液晶
・ タッチパネル
・ 1,920×1,080ドット (120Hz)
インターフェース ・ USB3.2 (Type-C/Gen2) ×1
・ microSDカードスロット
・ オーディオジャック
・ ROG XG Mobileインターフェース
通信機能 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6E)
消費電力 最大約65W
駆動時間 約10.2時間
OS Windows 11 Home 64bit
サイズ 幅280.0mm×奥行き111.38mm×高さ21.22~32.43mm
質量 約608g
価格(税込) 109,800円〜 89,800円〜

ROG Allyはスペックの違いで2モデル展開となっており、 「AMD Ryzen Z1 Extreme」 プロセッサーを搭載する上位モデルは2023年6月2日から予約販売を開始(発売は6月14日から)、 「AMD Ryzen Z1」 プロセッサーを搭載するベースモデルは2023年夏頃の発売予定となっています。

ROG Allyを購入するなら、 30日間の返品保証が付いてくる公式ストアでの購入がおすすめです。

created by Rinker
ASUS
¥89,800

Windows 搭載のポータブルPC

ROG Ally(アールオージー エイライ)は、 ASUSのゲーミングブランド 「ROG(Republic of Gamers)」 のポータブルゲーミングPC。 WIndows 11 OSを搭載することで、 Steamプラットフォームに加えて、 モバイルゲーム、 クラウドゲームなどあらゆるタイトルをプレイできます。

本製品のキャッチコピーでもある 「#playALLYourgames(すべてのゲームを手のひらに)」 を体現するスペックで、 あらゆるゲームを1台でプレイしたいユーザーはもちろん、 PCゲーム初挑戦のライトゲーマーにも強くおすすめできる一台です。

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

実機でまず目に飛び込んでくるのは、 ゲーミングデバイスらしからぬホワイトカラーの爽やかな筐体。 ボタンやスティックの黒をアクセントと捉えれば、 どこかスタイリッシュで上質な美しさすらあります。

ROGシリーズの代名詞とも言えるLEDライティング機能は、 左右のスティック部分にさりげなく搭載されています。 発光パターンや色は自分好みにカスタマイズ可能です。

Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー
Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー
左から、 オーディオジャック、 microSDカードスロット、 ROG XG Mobileインターフェース、 USB 3.2(Type-C/Gen2)、 音量ボタン、 電源ボタン。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU
背面には両側に1つずつトリガーボタンを配置。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

背面には排気口を兼ねたROGのロゴが。 中央のスリットは特殊な反射加工で、 ライティングではございません。

重量は608g。 同形のモバイルゲーム機に比べるとやや重めですが、 実際に使ってみると手持ちでも2〜3時間は問題なくプレイできる印象です。 電源ボタンはWindows指紋認証対応で、 スムーズにロック解除ができます。

手持ちでも長時間プレイできる、 絶妙な重さ。  PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

手持ちでも長時間プレイできる、 絶妙な重さ。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

コントローラー部分は、 持ちやすさを考慮して曲面形状になっています。 ボタン類が上側にまとめられており、 スペースに余裕を持ってしっかりと把持できるのが特長。 手持ち部分の裏面には滑り止めのテクスチャーが施されているほか、 左右に一つずつトリガーボタンが設けられています。

コントローラー部分は握りやすさを重視した質感と形状になっている。  PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

コントローラー部分は握りやすさを重視した質感と形状になっている。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

広告/Advertisement

7型のタッチディスプレイ

ROG Allyのディスプレイは7インチのタッチ液晶で、 解像度はフルHD(1980×1080)。 リフレッシュレートは最大120Hzで、 FPSなど動きの速いゲームにも対応します。

最大輝度は500ニト。 実際に使ってみると明るい場所でも画面の視認性がしっかりと保たれており、 非常に好印象です。

Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

ディスプレイには耐衝撃性・耐擦傷性の高い 「Corning Gorilla Glass Victus」 、 コーティングには反射防止に優れた 「Corning Gorilla Glass DXC」 を採用し、 タフな仕上がりになっています。

とはいえ、 ディスプレイはゲーム体験の肝となる部分ですので、 フィルム等で確実に保護しておきたいところ。

また、 別売のACアダプター 「ROG Gaming Charger Dock」 を使用すれば、 HDMIケーブルを介してテレビやモニターへの外部出力もできます。

 「ROG Gaming Charger Dock」 と組み合わせれば、  モニターへの外部出力も可能。  PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

「ROG Gaming Charger Dock」 と組み合わせれば、 モニターへの外部出力も可能。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

ゲーム体験に欠かせないサポート機能

ROG Allyにプリインストールされている独自ソフト 「コマンドセンター」 は、 ゲーム中にさまざまな機能を実行できる便利なダッシュボード。 ディスプレイ横の物理ボタンを押すことで簡単に呼び出せます。

コマンドセンターからパフォーマンス設定や画面設定の確認・変更が可能。  PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

コマンドセンターからパフォーマンス設定や画面設定の確認・変更が可能。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

コマンドセンターでは、 ゲームのフレームレートを表示・変更したり、 CPUの使用率を表示できるほか、 ゲーム画面のキャプチャやソフトウェアキーボードの表示、 解像度の変更、 マイクのON/OFFを切り替えたりといった操作が可能です。

ROG Phone シリーズに実装されている設定機能 「Game Genie(ゲームジニー)」 とよく似ています。

Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー
Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー
ARMOURY CRATEの 「Game Library」 にはインストール済のタイトルが一覧で表示され、 ランチャーとして利用できる。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU
ARMOURY CRATEの 「設定」 からは、 通信設定やコマンドセンターの表示項目をカスタマイズできる。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

システムソフト 「ARMOURY CRATE」 からは、 インストール済タイトルの管理やコマンドセンターのカスタマイズが可能です。

タイトル毎にキーマッピングと各ボタンの割り当てを細かく設定できるほか、 あらかじめ用意されたテンプレートを適用することもできます。 スティックのデッドゾーンや閾値範囲、 振動強度の設定も可能で、 最適なゲーム環境が構築できます。

タイトル毎にキーマッピングの設定が可能

タイトル毎にキーマッピングの設定が可能

広告/Advertisement

迫力抜群のステレオスピーカー

ROG Allyのハードとしての魅力は、 スピーカーにも現れています。 本体左右のステレオスピーカーは非常にクリアな音で、 スマートアンプの効果なのか、 筐体以上の迫力と音量が楽しめます。

スピーカーは Dolby Atmos 対応で、 立体感と臨場感あふれるバーチャルサラウンドが特長。 オーディオジャックでの音声出力は Hi-Res にも対応しており、 音質への強い要求にもしっかり応えてくれます。

軽〜中量級ゲームがサクサク動く

ROG Allyで 『原神』 をプレイ。  長時間のプレイでもカクつきは見られない。   PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

ROG Allyで 『原神』 をプレイ。 長時間のプレイでもカクつきは見られない。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

CPUについては、 ベースモデルが 「AMD Ryzen Z1」 プロセッサ、 上位モデルが 「AMD Ryzen Z1 Extreme」 プロセッサを採用。

Ryzen Z1 Extreme」  は4nmプロセスの8コア16スレッドで、 Zen 4アーキテクチャ、 RDNA 3グラフィックを採用。 最大8.6Tflopsを記録し、 ライバルのコンソール機と優位に戦えるグラフィック性能を備えています。

Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー

「ROG XG Mobile」 と併せて処理性能の拡張が可能。 IMAGE BY ASUS

また、 ASUSの外付けGPUボックス 「ROG XG Mobile」 にも対応。 NVIDIA GeForce RTX 4090 Laptop GPUを搭載し、 組み合わせて使うことでパフォーマンスを高めることができます。

今回使用したのは、 「AMD Ryzen Z1 Extreme Prosessor」 を搭載した上位モデルです。 総合的なパフォーマンスを測る 『PC Mark 10』 のスコアは3619と、 モバイルゲーム機としては圧倒的な性能を備えています。

レビュー構成
  • AMD Ryzen Z1 Extreme プロセッサ
  • RAM : 16GB

長時間のゲームで重要になってくるのが排熱性能。 デュアルファンを搭載するROG Allyは手に触れる部分を集中的に冷やすことで、 プレイ中の不快感を最小限に抑えてくれます。

デュアルファン設計により把持部分の表面温度は快適に保たれる。  IMAGE BY ASUS

デュアルファン設計により把持部分の表面温度は快適に保たれる。 IMAGE BY ASUS

さらに毛細管力を利用して角度に依らない熱移動を実現するアンチグラビティヒートパイプや、 放熱部の高効率フィンにより、 冷却能力を保ちながら騒音を抑えることに成功。 サイレントモードの使用で最大20dB、 性能を引き出すTurboモード時でも最大30dBに抑えられています。

ROG Allyの最大熱設計電力(Max TDP)は30Wとパワフルな仕様。 各種ベンチマークの結果は、 軽量級ゲームの 『ドラゴンクエスト X』 が最高画質で5073(快適)、 中量級の 『FINAL FANTASY XIV』 は高品質で6767(やや快適)、 重量級の 『FINAL FANTASY XIV』 は高品質で3433(普通)となり、 ビジネスラップトップを上回る性能の高さが伺えます。

  ドラゴンクエストX  (軽量級ゲーム)
設定 最高画質、 1,920×1,080
スコア 5073 (快適)
  FINAL FANTASY XIV  (中量級ゲーム)
設定 高品質、 1,920×1,080
スコア 6767 (やや快適)
  FINAL FANTASY XV  (重量級ゲーム)
設定 高品質、 1,920×1,080
スコア 3433 (普通)

実測値 (パフォーマンス設定 : オペレーティングモード、 リフレッシュレート : 60Hz)。 環境やパフォーマンスで値は変動する

バッテリー持続時間は、 重量級ゲームで最大約2時間、 クラウドゲーム、 動画再生は公称約6.8時間となっています。 USB PD規格の最大65W入力に対応し、 約30分で50%の急速充電が可能です。

ただし実際にプレイしてみると、 バッテリーの減りは早い印象です。 『原神』 をリフレッシュレート60Hz、 デフォルトの中設定で遊んでみたところ、 早々にファンが回り出し、 1時間半程度でバッテリーが切れてしまいました。 ゲーム側で画質調整をするか、 本体の冷却設定を変更するなど、 何かしらの工夫が求められます。

動作自体は非常に滑らかで、 約2時間のプレイで画面がカクつくことは一度もありませんでした。 『Forza Horizon 4』 のような中量級のゲームでは時々動作が重くなるものの、 パフォーマンス特化の 「Turboモード」 なら通常設定でもおおむね快適にプレイできます。

Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー

ROG Allyで 『Forza Horizon 4』 をプレイ。 中量級のゲームでも比較的サクサク動く。 PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

広告/Advertisement

充実の関連アクセサリ

ROG Allyは関連アクセサリーが充実しており、 こちらも目が離せません。 「ROG Gaming Charger Dock」 は給電用のUSB Type-CポートとHDMIポートを搭載しており、 ROG Allyに給電しながらモニターへの画面出力が可能。 USB Type-Aポートを介してキーボードやマウスを接続することもできます。

ROG Ally Travel Case」 は持ち運びに適したソフトケースで、 microSDカードの収納スペースも備えています。 ケースを開いて固定すると、 ROG Ally専用のスタンドとしても使える設計。 動画を見たいときや、 Bluetooth接続のコントローラーで遊ぶ際に重宝します。

Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー
Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー

「ROG Gaming Charger Dock」 。 IMAGE BY ASUS

Xboxコントローラーデザインに準拠した 「ROG Raikiri」 はROG Allyのデザインと親和性が高く、 本体を据え置きで使う場合に大活躍。 周辺機器を組み合わせることで、 ROG Allyの使い勝手はさらに向上するでしょう。

Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー
Windows搭載の   「ASUS ROG Ally」   は、  どんなゲームも遊べる万能ポータブルPC : 実機レビュー

「ROG Raikiri」 。 IMAGE BY ASUS

価格はベースモデルが89,800円、 上位モデルが109,800円(税込)。 予約開始はベースモデルが2023年夏頃、 上位モデルが6月2日となっています。

ROG Ally公式ストアから購入可能。 30日間の返品保証に加えて、 Xbox Games Passのタイトルを無料でプレイできる 「Xbox Games Pass Ultimate」 の3ヶ月間利用権も付属します。

created by Rinker
ASUS
¥89,800

  SOURCE