Index

New Post

Review

PITAKA「MagEZ Battery Pack」はMagSafe対応、ポケットサイズの万能モバイルバッテリー

スマートフォンが生活の必需品になりつつある現代において、モバイルバッテリーの重要度は高まるばかり。突然やってくる充電切れのリスクに備えるために、モバイルバッテリーは是非とも携帯したいところです。 PITAKAの「MagEZ Battery Pack」はiPhone 12シリーズから採用されたワイヤレス充電システム「MagSafe」に対応し、使い勝手に特化したデザインを含めはじめての一台に適しています。

Pick Up

Product

Macと一緒に揃えるべき! おすすめMacBookアクセサリ・周辺機器(2019年版)

市場には MacBook と最高に相性抜群な素晴らしいアクセサリがたくさんあります。 折角 MacBook を使っているなら、周辺機器も揃えてその魅力を最大限に引き出してあげて欲しいのです。Mac環境を自分好みにカスタマ ...
Application

iPadで本を読むなら? 電子書籍の制約から優れたリーダーアプリまで、知っておくべきこと

タブレットとスマートフォンを画する特徴といえば、やはり画面サイズ。読書は、iPadの大きなディスプレイを存分に活かす使い方といえる。iPadで電子書籍を読むには、どんなアプリが向いているのか——編集部がおすすめのリーダーアプリを紹介するとともに、読書をデジタル化することの難しさについて考える。
How-to

「MyScript Nebo」で手書き文字をデジタル化 : レポートを効率的に作成する方法

手書き数式のデジタル変換までできるiPadアプリ「MyScript Nebo」&「MyScript Math」を紹介。メモをデジタル化したり、果てはレポートまで iPad 一台で作成できたり…真のデジタルライフも夢ではありません。

IMAGE BY OPPO

Product

ARグラス「Air Glass 2」から最新のヘルスモニターまで、OPPOが発表したユニークな新製品たち

九条ハル

OPPO(欧珀)は、12月14日(現地時間)に開催された「OPPO INNODAY 2022」にて、軽量スマートグラス「Air Glass 2」とヘルスモニター「Ohealth H1」を発表しました。価格や販売時期は未定で、日本国内での展開も不透明です。

OPPO(欧珀)は、12月14日(現地時間)に開催された「OPPO INNODAY 2022」にて、軽量スマートグラス「Air Glass 2」とヘルスモニター「Ohealth H1」を発表しました。価格や販売時期は未定で、日本国内での展開も不透明です。

Air Glass 2|ARスマートグラス

ARグラス「Air Glass 2」から最新のヘルスモニターまで、OPPOが発表したユニークな新製品たち

IMAGE BY OPPO

2022年に発売された初代「Air Glass」は『ドラゴンボール』に出てくるスカウターのような片目タイプで、眼鏡の上に重ねて使うものでした。

Air Glass 2は一般的な眼鏡と同じ形状になり、矯正度数のカスタマイズも可能になりました。OPPOは「一般的な眼鏡とほとんど見分けがつかない」としています。

ARグラス「Air Glass 2」から最新のヘルスモニターまで、OPPOが発表したユニークな新製品たち

先代の「Air Glass」はスカウター形状だった。 IMAGE BY OPPO

本体重量は約38gと軽量で、着け心地や利便性の向上がうかがえます。機能については、電話、リアルタイム翻訳、位置情報に基づくナビゲーション、そして聴覚障害者向けの音声文字変換などを提供予定としました。

先代モデルは中国国内での展開にとどまりましたが、日本国内での販売に期待したいところです。

OHealth H1|ヘルスモニター

ARグラス「Air Glass 2」から最新のヘルスモニターまで、OPPOが発表したユニークな新製品たち

IMAGE BY OPPO

「OHealth H1」は、ECG(心電図)機能や経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)測定、体温、睡眠追跡など6つの機能を備えたヘルスモニター。重量は約95gで、パソコンのマウスのような形状をしています。

専用のチャージャーを介して充電するしくみで、本体に指を置くと体温、心拍数、心電図、SpO2など複数のデータを一度に測定してくれます。

近年のスマートウォッチと機能こそ似ていますが、据え置き中心の運用で誰もが簡単に測定できるのがOHealth H1の特徴。家族間での健康管理や、医療施設での運用を想定しているようです。

「OHealth」は今後、スマートヘルスケア分野のサブブランドとしての展開を予定しています。