BECOME A MEMBER

SEEKERS

ガジェット・モノ好きが集う情報共有プラットフォーム。モノやサービスのアイデアを、 記事にして共有しよう。

New Post

ROG Phone 8 レビュー
Review

ASUS 「ROG Phone 8」 レビュー。 最新鋭のゲーミングスマホは日常に寄り添う

「ゲームは、日常というフィールドへ」 スマホゲーマーのためのゲーミングスマートフォン 「ASUS ROG Phone 8」をレビュー。 「Snapdragon 8 Gen 3」 を採用しその他機能満載で防塵防滴も対応したハイスペックAndroidスマートフォンをご紹介します。

Pick Up

Anker-Soundcore-Liberty-4-NC
Product

Anker、 「Soundcore Liberty 4 NC」 を7月26日(水)に発売。 ノイズキャンセリング性能に特化した完全ワイヤレスイヤホン

アンカー・ジャパンは自社のオーディオブランド「Soundcore」より、完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty 4 NC」を発表しました。7月26日(水)よりAnker Japan公式ストア、 各種ECサイトのほか、一部家電量販店で販売予定。 公式ストアでは、7月7日より製品の予約受付を開始しています。
Product

Amazon、 新型 「Fire TV Stick 4K Max」 と 「Fire TV Stick 4K」 を発表。 Wi-Fi 6Eサポートで高速通信に対応

アマゾン(Amazon)は9月21日、 スティック型のストリーミングデバイス「Fire TV Stick 4K Max」と「Fire TV Stick 4K」の最新モデルを発表しました。 Fire TV Stick 4K Max(第2世代)は9,980円(税込)、 Fire TV Stick 4K(第2世代)は7,480円(税込)。 いずれも9月21日から予約受付を開始しており、 10月18日の出荷開始を予定しています。

IMAGE BY META

Product

MRヘッドセット 「Meta Quest 3」 事前予約開始。 128GBモデル74,800円(税込)から、 10月10日発売

Metaは開発者向けの年次カンファレンス「Meta Connect 2023」において、MRヘッドセット「Meta Quest 3」の詳細を発表しました。128GBモデルが74,800円(税込)、 512GBモデルが96,800円(税込)。9月28日(日本時間)から事前予約を開始しており、10月10日の販売開始を予定しています。
本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています (詳細

Meta(旧:フェイスブック)は米国時間9月27日、 開発者向けの年次カンファレンス 「Meta Connect 2023」 において、 MRヘッドセット 「Meta Quest 3」 の詳細を発表しました。

最小構成の128GBモデルが74,800円(税込)、 512GBモデルは96,800円(税込)で、 現行の 「Meta Quest 2」 から200ドルの値上げに。 9月28日(日本時間)から事前予約を開始しており、 10月10日の販売開始を予定しています。

パススルー解像度が飛躍的に向上


Meta Quest 3はPC不要のスタンドアロンで動作するVRヘッドセット。 前面に搭載されたカメラで外界のリアルタイム映像を表示する 「フルカラーパススルー」 に対応し、 上位モデルの 「Meta Quest Pro」 と同様、 現実世界に3Dグラフィックスを表示するMR(複合現実)を体感することができます。

MRヘッドセット   「Meta Quest 3」   事前予約開始。   128GBモデル74,800円(税込)から、   10月10日発売

IMAGE BY META

パススルーの画素数はQuest 2と比較して約10倍以上、 上位機種のQuest Proと比較しても約3倍以上になり、 肉眼により近い鮮明な外界映像を映し出します。

ホーム画面を含め、 基本操作は現実空間をベースとしたMRモードで動作。 本体側面をダブルタップすることで、 MRとVR(仮想現実)を簡単に切り替えることができます。

MRヘッドセット   「Meta Quest 3」   事前予約開始。   128GBモデル74,800円(税込)から、   10月10日発売

IMAGE BY META

プレイエリアの境界線(ガーディアン)は自動的にスキャン生成され、 手動設定は不要になりました。

前面にはプレイエリアをより正確に反映する深度センサーが埋め込まれ、 現実世界にバーチャル映像を合成するような表現が可能に。 たとえば実際のテーブル上でボードゲームをしたり、 ゲーム内で作った作品を部屋に飾ったりといった体験ができます。

広告/Advertisement

パンケーキレンズ採用で薄型化

MRヘッドセット   「Meta Quest 3」   事前予約開始。   128GBモデル74,800円(税込)から、   10月10日発売

IMAGE BY META

本体はパンケーキレンズを採用することで、 Quest 2と比較して40%の薄型化を実現。 SoCにはクアルコムと共同開発した 「Snapdragon XR2 Gen 2」 採用し、 独自開発のディスプレイ技術 「Infinite Display」 とあわせて、 解像度が約30%向上しています。

ディスプレイは片目あたり2064×2208ピクセルで、 リフレッシュレートは90Hzをサポート。 1度あたり25ピクセル、 1インチあたり1,218ピクセルで、 Quest史上最高の解像度になります。

MRヘッドセット   「Meta Quest 3」   事前予約開始。   128GBモデル74,800円(税込)から、   10月10日発売

IMAGE BY META

視野角は水平110度、 垂直96度で、 Quest 2から約15%拡大。 瞳孔間距離は53〜75mmの範囲で調整できるほか、 接眼部のパッドが手前に引き出せるようになったことで、 メガネ装用時でもレンズと干渉しにくくなりました。

MRヘッドセット   「Meta Quest 3」   事前予約開始。   128GBモデル74,800円(税込)から、   10月10日発売

IMAGE BY META

コントローラーからは従来トラッキングのために搭載されていたリングが省かれ、 よりシンプルな形状に。 単3電池1本で駆動し、 触覚フィードバックを提供する可変ハプティクスが搭載されています。

従来のコントローラーに加えて、 自身の手をポインティングデバイスとして利用するダイレクトタッチにも対応。 内蔵オーディオはQuest 2と比べて再生音域の音量が40%増えており、 明瞭度と低音域も強化されました。

豊富なアクセサリも注目

MRヘッドセット   「Meta Quest 3」   事前予約開始。   128GBモデル74,800円(税込)から、   10月10日発売

IMAGE BY META

ヘッドセット本体の大きさは184×160×98mmで、 重量は515g。 コントローラーの大きさは126×67×43mm。 重さは電池を含め片方で126g。 メモリは8GBで、 ストレージは128GBと512GBから選択することができます。

バッテリー駆動時間は 「Quest 2とほぼ同じ」 としており、 総合的な利用で平均2.2時間、 ゲームで平均2.4時間、 ソーシャル体験で平均2.2時間、 プロダクティビティで平均1.5時間、 メディアの利用で平均2.9時間とのこと。 付属のACアダプター(18W)を用いれば、 約2時間でフル充電が可能です。

通信機能はWi-Fi 6と6GHz帯をサポート。 Bluetooth 5.2、 BLEにも対応します。

MRヘッドセット   「Meta Quest 3」   事前予約開始。   128GBモデル74,800円(税込)から、   10月10日発売

IMAGE BY META

Meta Quest 3の発売に合わせて、 本機に対応するアクセサリ群も発表されました。 プレイ時間を最大2時間延長できるバッテリー付きEliteストラップは19,580円(税込)、 バッテリー無しのEliteストラップ10,450円(税込)となっています。

このほか、 接眼部シリコンやコントローラー用ストラップ、 度付きレンズや充電ドック、 携帯用ケースなど幅広く展開。 すでに発売しているPCVR用のリンクケーブルやTouch Proコントローラーも使用可能です。

また、 ゲーミングデバイスを手がけるRazerとコラボした 「Razer Hammerhead Hyperspeed」 イヤホンも発売されます。

価格は128GBモデルが74,800円(税込)、 512GBモデルは96,800円(税込)。 9月28日(日本時間)から事前予約を開始しており、 10月10日の販売開始を予定しています。

  SOURCE