BECOME A MEMBER

SEEKERS

ガジェット・モノ好きが集う情報共有プラットフォーム。モノやサービスのアイデアを、 記事にして共有しよう。

New Post

Review

ハンドヘルドPCの後発機 「Legion Go」 は、 ゲームを中心に幅広い用途で使えるユニークな一台 : 実機レビュー

レノボ初のポータブルゲーミングPC「Legion Go」は同分野で後発品でありながら、他機種を凌ぐ性能と機能面の充実を特徴としています。一方本機は高額で、ゲームだけでなく作業や動画視聴など幅広く活用して初めて、価格に見合う体験が得られるでしょう。

Pick Up

OPPO Reno10 Pro 5G レビュー
Review

OPPO Reno10 Pro 5G レビュー。 筐体が綺麗なライトユーザー向けスマートフォン!

OPPO (欧珀)ブランドを国内展開するオウガ・ジャパンは10月、Renoシリーズの最新スマートフォン「OPPO Reno10 Pro 5G」を発売しました。筐体が綺麗なのが所有欲を満たしてくれるので、 スマートフォンはそこまで使わないけれどブラウジングやSNSなどをたまにするという方にぴったり。本記事では実機の使い勝手や性能をレビューしています。
galaxy s21
Product

新型Galaxy S21シリーズ、 今春にも投入か?Sペン対応のUltraほか、 Galaxy Buds Pro・SmartTagのポイントも解説

サムスンが発表した新型フラッグシップスマートフォン「Galaxy S21 5G」シリーズは、従来通りサイズ別の3モデル展開となった。特にS21はS20より20,000円以上安い799ドル(約83,000円)となり、より購入しやすくなる。最上位・最大サイズの「S21 Ultra」は108メガピクセルの広角カメラとSペン対応が売りだ。

PHOTOGRAPH BY QUEST

How-to

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

iPhoneやiPad、Macなどで気軽にデータ共有できるAirDropはとても便利な機能ですが、Appleデバイスでの共有に限定されています。 本記事では、AndroidやChromebookでもAirDropのように写真やデータファイルの共有をする方法、そしてiPhoneとAndroid端末同士でデータ共有する方法を詳しく解説します。
本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています (詳細

Androidデバイス同士でAirDropのようにデータを転送する方法

Androidデバイス同士で 「AirDrop」 のように手軽にファイル転送するには、 「Nearby Share」 の利用がおすすめです。

標準搭載のNearby Shareとは

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

PHOTOGRAPH BY QUEST

iPhoneやiPadなどのAppleデバイスのデータ共有機能である 「AirDrop」 のように、 AndroidやChromeデバイスでは 「Nearby Share(ニアバイシェア)」 という共有機能が搭載されています。

ニアバイシェアでは、 写真や動画をはじめ、 Webページリンクや音声データ、 ファイルデータなど、 Bluetooth通信を利用して、 Androidデバイス同士で簡単にデータを共有することができます。

Android OS 6.0以降のデバイスに標準搭載されており、 対象デバイス同士であれば無料で利用可能です。

Nearby Shareの設定方法

Nearby Shareを利用するためには、 事前に 「Nearby Share」 「Wi-Fi・Bluetooth」 「位置情報」 の3つの項目をONに設定しなければなりません。

Nearby Shareアプリの設定方法

スマートフォンの 設定Googleデバイス、 共有ニアバイシェアをタップし、 ニアバイシェアの使用を許可しましょう。

Wi-Fi・Bluetoothの設定方法

スマートフォンの画面上部を下に向かってスワイプし、 インターネットとBluetoothの設定をONにしてください。

位置情報の設定方法

Androidの設定アプリから、 位置情報位置情報の使用をタップし、 許可しましょう。

広告/Advertisement

Nearby Shareの使い方

Nearby Share(ニアバイシェア)の具体的な使い方をご紹介しましょう。 ここでは、 撮影した写真データを送信する方法を例に解説します。

送信側の操作方法

写真アプリを開き、 共有したい写真を選択します。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

写真の左下にある 共有ボタンをタップしてください。 (デバイスによっては、 送信ではなく 送信と表示されるケースもあります)

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

ニアバイシェアをタップします。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

近くにいるスマートフォンのデバイス名が表示されたら、 送りたいデバイスを選択します。

受信側の操作方法

送信側からデータが送られてきたら、 「デバイスが共有中です」 と表示されます。 問題がなければ 承認するをタップしてください。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

承認したら、 データの共有が始まります。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

チェックマークが付いたら、 送信完了です。

音声データやドキュメントなどの、 画像や動画以外のデータを共有する場合は、 「Flies by Google」 アプリから操作をします。

写真データを共有する流れと同じように、 共有したいファイルを選択し、 共有方法にニアバイシェアを設定することでデータ共有が可能です。

iPhoneとAndroidでデータ共有する方法

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

PHOTOGRAPH BY QUEST

AirDrop」 と 「Nearby Share」 はどちらもBluetoothを使ったデータ共有機能ですが、 互換性がないためiOSデバイス同士、 AndroidとAndroidデバイスでないと利用できない仕様になっています。

iPhoneとAndroidのスマートフォン同士でデータ共有するためには、 クラウドサービスやLINEなどの通信アプリ、 またはデータ共有アプリを使う手があります。

こちらでは、 iPhoneとAndroidでデータ共有する3つの方法を解説します。

クラウド経由でデータ共有する

クラウドサービスのメリットは、 デバイスやOSに依存せず、 インターネット環境あればどこからでもデータにアクセスできる点にあります。 iPhoneとAndroidの双方にクラウドアプリをインストールすれば、 デバイス間でデータのやり取りが可能です。

Androidユーザーと相性の良い 「Google ドライブ」 は、 クラウドツールを初めて利用する人にもおすすめできるツールです。 Google ドライブは15GBまでのクラウドストレージが無料で利用でき(執筆時点)、 Googleアカウントさえあれば誰でも簡単に利用できます。

パソコンだけでなく、 スマートフォンやタブレットなど、 複数の端末から同じドライブにアクセスできるため、 iPhoneとAndroid同士のデータ共有にも活用できます。 よほど大きなデータでなければ容量を気にせず使い続けられるでしょう。

Google ドライブ - 安全なオンライン ストレージ

Google ドライブ – 安全なオンライン ストレージ

Google LLC無料posted withアプリーチ

メッセージアプリでデータ共有する

LINEMessengerなどの通信アプリを使ってデータファイルを共有することも可能です。 複数枚の写真データや動画ファイルなどを、 個人間で気軽にやり取りしたいときに便利な方法といえます。

ただし、 ファイルサイズやネットワークの制限がかかるケースもあるため、 必要に応じてデータファイルの圧縮やクラウドサービスを活用する必要があると覚えておきましょう。

Messenger

Messenger

Meta Platforms, Inc.無料posted withアプリーチ

外部アプリを活用する

上記の方法でデータ共有は可能ですが、 クラウドストレージを利用するためにはアカウントを作成する手間がかかりますし、 メッセージアプリには送受信できるデータの容量など、 なにかと制限があります。

iPhone−Android間でAirDropのようにデータファイルを気軽に送受信するためには、 サードパーティ製のアプリの活用がおすすめです。 ここでは、 デバイス間のデータ共有に特化したアプリ 「Send Anywhere」 をご紹介します。

広告/Advertisement

iPhoneとAndroidでデータ共有できるおすすめアプリ・Send Anywhere

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

PHOTOGRAPH BY QUEST

Send Anywhere」 は、 様々な拡張子やサイズのファイルを無料で転送できるファイル転送サービスです。 ファイルの数や種類など制限なしで6桁のキーコード、 もしくはリンクを共有してファイルを共有できます。

Send Anywhereの特徴
  • 無料で利用できる
  • 送信側と受信側のどちらもアカウントの登録が不要
  • 一回の転送容量は最大1GB (スマートフォン同士の場合)

アプリをダウンロードさえすれば、 会員登録やログインなど不要でデータ共有できる点が嬉しい点です。

Send Anywhere (ファイル転送・送信)

Send Anywhere (ファイル転送・送信)

Rakuten Symphony Korea, Inc.無料posted withアプリーチ

Send Anywhereの使い方

まずはお使いのスマートフォンにアプリをダウンロードしましょう。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

ダウンロード後は、 アプリを起動し、 写真アプリへのアクセス権限を許可して、 データ共有できるよう設定を完了させます。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

アプリのホーム画面には、 端末に保存されている写真、 動画、 連絡先、 ファイルデータが一覧で表示されます。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

共有したいファイルを選択します。 複数のファイルを共有したい場合は、 該当するファイルにチェックを入れましょう。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

選択が完了したら 送信をタップしてください。

AirdropをAndroidで代替する方法|Nearby ShareとSend Anywhereの使い方を解説

IMAGE BY QUEST

画面上に6桁のコードとQRコードが表示されますので、 データをシェアしたいお相手と画面を見せてください。 数字とQRコードの有効期限は発行から10分間と限定されていますので、 なるべく早くデータをダウンロードするよう伝えましょう。

まとめ

AndroidでAirdropを代替する方法を詳しく解説しました。

Androidデバイス同士でデータ共有する場合は、 標準搭載アプリのNearby Shareがおすすめです。 また、 iPhoneとAndroidデバイスでデータ共有する場合は、 無料で利用可能なアプリ 「Send Anywhere」 を活用してみましょう。

  SOURCE