BECOME A MEMBER

SEEKERS

ガジェット・モノ好きが集う情報共有プラットフォーム。モノやサービスのアイデアを、 記事にして共有しよう。

New Post

ROG Phone 8 レビュー
Review

ASUS 「ROG Phone 8」 レビュー。 最新鋭のゲーミングスマホは日常に寄り添う

「ゲームは、日常というフィールドへ」 スマホゲーマーのためのゲーミングスマートフォン 「ASUS ROG Phone 8」をレビュー。 「Snapdragon 8 Gen 3」 を採用しその他機能満載で防塵防滴も対応したハイスペックAndroidスマートフォンをご紹介します。

Pick Up

google pixel 6 レビュー
Review

グーグルのPixel 6は自社製チップの搭載でよりスマートに進化した : 実機レビュー

ソフトウェアの進化に応えるだけのパワーが、今のハードウェアにあるのか——そんな疑念から、テック企業によるプロセッサーの独自開発が加速している。グーグルが「Pixel 6」に自社設計のプロセッサーを採用したのも、そうした流れを汲んだものだ。開発に4年の歳月をかけたというカスタムメイドのプロセッサー「Tensor」は、グーグルが得意とする機械学習や人工知能(AI)のパフォーマンスを最大限に引き出してくれる。実際に手に取って使うなかで、その効果を存分に感じることができた。
Product

新しい 「MacBook Pro」 や第3世代 「AirPods」 など、 アップルが発表したものすべて

アップルがオンラインイベントを開催し新しい「MacBook Pro」や第3世代「AirPods」などの新製品を発表しました。飛躍的な性能の向上を遂げた「M1 Pro」「M1 Max」チップから、新製品の特徴まで、発表された内容をおさらいします。

IMAGE BY UNSPLASH

Application

Chromebookはおすすめしない? 実際に使ってわかったメリット・デメリットを紹介

外出時に使えるモバイルパソコンとしてChromebookを買おうかなと思ったけれど、Windowsで当たり前のように使ってきた機能で使えないものが出てきたらストレスになるのではないかと心配でした。 ところが、実際に購入したところ全く不便を感じることはなく、かなりおすすめの商品であると感じました。そこで、Chromebookを購入しようか迷っている方向けに、最新のChromebookをレビュー。機能の面からどんな人にはおすすめしないか?についても解説します。
本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています (詳細

Chromebookを買おうと思っているんだけど、 機能が不足していないか、 実はおすすめしない商品ではないのかと心配ですよね。

外出時に使えるモバイルパソコンとしてChromebookを買おうかなと思ったけれど、 OSがグーグル(Google)ベースということで、 今までWindowsで当たり前のように使ってきた機能で使えないものが出てきたらストレスになるのではないかと心配でした。

ところが実際にサブ機として ChromebookASUS Chromebook C425TA) を購入したところ、 サブ機としてはまったく不便を感じず、 かなりおすすめの商品であると感じました。

この記事では、 Chromebookを購入しようか迷っている方向けに、 最新のChromebookをレビュー。 機能の面からどんな人にはおすすめしないか? についても解説します。

Chromebookとは

Chromebookはおすすめしない? 実際に使ってわかったメリット・デメリットを紹介

IMAGE BY GOOGLE

Chromebookとは、 グーグルが開発した 「ChromeOS」 を搭載するノートパソコンです。

わたしたちは、 コンピューター全体を制御する仕組みをオペレーティングシステム(Operating System、 通称OS)と呼んでいます。 「Windows」 は米・マイクロソフトが、 「macOS」 は米・アップルが開発・販売するOSの名称です。

同様に、 「ChromeOS」 はグーグルが開発するOSを指すのです。 Chromebookはグーグルが開発したOSを使用するため、 グーグル関連のサービスがメインの仕様になっています。

Chromebookが発売されたのはここ数年というイメージがありますが、 実は2011年から発売されていて、 日本では2014年から一般向けに販売されています。

広告/Advertisement

Chromebookの機能

chromebooにログイン

IMAGE BY YUKIE

Chromebookの購入を考えているけれど、 いざ購入したら使いにくい、 おすすめしない商品だった・・・と後悔するのが怖いですよね。 私もそうでした。

以前はストレージやメモリの容量が少ないといった問題点がありましたが、 現在では改善されています。 Chromebookのメリットとデメリットを以下にまとめてみました。

おすすめな点

1. 安い

Chromebookのメリットは何といっても安い点です。 デスクトップパソコンやノートパソコンの相場は、 安いモデルであれば5万円以下もありますが、 いろいろな用途で使えるスペックを求めれば相応の価格になるのが通常です。

ただ作業内容によってはそこまでのスペックが必要ないこともあります。 サブ機として使う、 あるいはちょっと外出した時に使うなど最低限のスペックで十分な場合、 Chromebookは数万円で購入することができ非常に良い買い物なのです。

2. Googleサービスとの親和性が高い

ChromeOSはグーグルが開発するOSとだけあって、 「Gmail」 や 「Google ドキュメント」 といったオンラインサービスに最適化されているのが特徴です。

グーグル系サービスで仕事が完結するなら、 ChromeOSを使うメリットは大きいと言えるでしょう。

Googleサービスの例
  • Google スプレッドシート
  • Google ドキュメント
  • Google ドライブ
  • Gmail
  • Google Meet

仮にWindowsがメイン機であったとしても、 サブ機やモバイルとしての使用ならグーグルのサービスだけで十分かもしれません。

3. コンパクト

最小限の機能ということもありコンパクトです。 画面の大きさは9〜14インチです。 私のChromebookは14インチで、 Chromebookの中では大きいほう。 縦×横が17cm×31cmとなります。

モバイルノートとして出先で使用するぶんには問題ありませんが、 メイン機として使うには小さいと感じる人もいるでしょう。

Chromebookはおすすめしない? 実際に使ってわかったメリット・デメリットを紹介

IMAGE BY UNSPLASH

4. ストレージの容量が大きくなった

私が購入したASUSのChromebookはストレージ容量が64GBです。 デスクトップパソコンやノートでは最低でも128GB以上のモデルが一般的ですから、 容量は少なめと考えて良いでしょう。

ただし、 最近は大容量モデルのChromebookも登場しています。

動画を撮ったり、 画像などを含む重い資料を大量に保持するわけではないのであれば、 それほど大きなストレージは必要ありません。

5. メモリが大きくなった

メモリとは、 読み込めるデータ量のことで、 処理速度が低くなり、 ファイルを開いたり、 入力したり、 スクロールしたりの速度が落ち仕事がしづらくなり時間が掛かったり、 そのために精神的ストレスを強く感じるようになります。

メモリが少ないという点でおすすめしないChromebookも今では容量が大きくなりました。

たとえば私が購入したASUSのChromebookのメモリは8GBです。 私が自宅で普段使いしているデスクトップパソコンと同じ容量になります。

6. 起動の早さ&バッテリー

パソコンを起動してすぐに使える機動性の高さは、 Chromebookの魅力の一つです。 また、 一般的なWindows PCに比べてバッテリー持ちも優れています。

7. セキュリティ

ChromeOS独自のセキュリティソフトを使っているため、 購入後にほかのセキュリティ対策を導入する必要がありません。

おすすめしない点

ストレージやメモリの点では大きく改善したChromebookですが、 以下の面を重視する方にはおすすめしません。

1. デスクトップアプリが使えない

ChromeOSではWindowsで使用していたアプリの一部が使えません。 Windowsの純正アプリを多用する方にとって、 ChromeOSはストレスになるかもしれません。

2. Officeアプリが使えない

ChromebookではマイクロソフトのOffice系アプリが使えないのも注意です。 無料のOfficeオンラインを使用するのも良いですが、 使える機能に制限があります。

Chromebookで同様の作業をしたい場合、 Excelであれば 「Google スプレッドシート」 へ、 Wordであれば 「Google ドキュメント」 、 PowerPointであれば 「Google スライド」 への乗り換えが現実的です。

3. 操作性がやや異なる

WindowsやmacOSを使い慣れている方にとっては、 ChromeOSの操作感がストレスに感じられるかもしれません。

慣れるまでは、 多少検索しながら操作性を覚えていく必要があるでしょう。 使い慣れた操作感を求める方にはおすすめしないパソコンになります。

Chromebook vs 他製品との比較

Chromebookを買おうか迷っている方は、 値段の安さと気軽に持ち出せる携帯性に魅かれているのだと思います。 そこで、 Chromebookの特徴をほかのノートパソコンと比較してみました。

モバイルノートとの比較

一般的なモバイルノートの相場は数万円から20万円程度で、 スペックを求めるぶんだけ価格も高くなります。

仕事用のメイン機として使用したい方、 大容量のストレージやメモリが欲しい方、 WindowsやmacOSがいい方は、 「Chromebook以外の」 モバイルノートを購入することになります。

対して 「サブ機だから、 スペックは最低限あればいい、 価格が安い方がいい! 」 という方には、 Chromebookがおすすめです。

私はデスクトップパソコンは 「NEC LAVIE」 を使用しています。 LAVIEのモバイルノートパソコンであれば20万近くするんですね、 かなり高いです。

整備品との比較

安さで考えた場合、 パソコンの中古である整備品を選ぶという手もあります。

たとえば国産製品の場合、 有名メーカーのノートパソコン(20万円程度)が整備品であれば数万円程度で購入できることもあります。

Windowsアプリも使えますし、 ストレージもメモリも問題ないスペックです。 パソコンをメインで使用したいけど、 安いパソコンを探している方は整備品も検討してみてはいかがでしょうか?

広告/Advertisement

Chromebookがおすすめな人、 そうじゃない人

おすすめな人

仕事用のメイン機としてではなく、 あくまでサブ機と割り切って使うなら、 Chromebookは価格的にも良い選択肢です。

たえば仕事でデスクトップかノートを使っているなら、 出先で軽く使うモバイルノートの立ち位置にChromebookが適していると思います。

また学校に通っている人で、 趣味程度で自分のパソコンを持ってみたい人にもおすすめです。 「ちょっと使うだけだから、 最低限の機能が付いていればいい! 」 「とにかくパソコンを安い価格で手に入れたい! 」 そんな方に適しています。

おすすめしない人

Chromebookをおすすめしない人は、 Chromebookのメリットに比較して、 デメリットが釣り合わない人です。

Chromebookには以下の特徴やメリットがあります。

  • 価格が安い
  • OSがGoogle
  • コンパクト
  • 起動が早い
  • セキュリティ対策が万全

最近のモデルはストレージ・メモリの容量も大きくなっており、 通常作業ならストレスを感じないスペックになっています。

ただしメインの仕事をするには総合的なスペックが小さいため、 試用の段階で画面が小さすぎたり、 容量が少なすぎると感じるのであれば、 おすすめはできません。

ASUS chromebook

IMAGE BY YUKIE

サブPCにChromebookはいかが?

整備品は安いけど、 やはり人が使ったパソコンが嫌だという方! Chromebookなら新品で数万円程度で購入できますよ。

私はサブ機としてモバイルノートを検討していて、 お金がないので安いパソコンを探していました。 有名メーカーの整備品も捨てがたかったのですが、 やはり新品が良かったため、 Chromebookを選びました。

新たなパソコン選びで困っている方がいたら、 この記事をぜひ参考にしてみてください。

  SOURCE