Service

ソフトバンク、LINE MOBILEをメインブランド化し2980円の新プランを発表

ソフトバンクは今年春から提供予定の新料金プランを発表した。ドコモが発表した月額2,980円の定額サービス「ahamo」に対抗する形となる。新料金体制によって、小〜中容量・低価格帯のワイモバイル、高容量・高価格帯のソフトバンク、そしてオンライン専用ブランドとして料金を抑えた「SoftBank on LINE」の構成になり、それぞれの立場が明確になる。

ソフトバンクは今年春から提供予定の新料金プランを発表した。ドコモが発表した月額2,980円の定額サービス「ahamo」に対抗する形となる。新料金体制によって、小〜中容量・低価格帯のワイモバイル、高容量・高価格帯のソフトバンク、そしてオンライン専用ブランドとして料金を抑えた「SoftBank on LINE」の構成になり、それぞれの立場が明確になる。

オンライン専用ブランド「SoftBank on LINE」

ソフトバンクが2020年12月に発表した新プラン「SoftBank on LINE」は、オンライン申込専用で、20GB2,980円。先んじて発表されたドコモの料金プラン「ahamo(アハモ)」に対抗する形だ。

MVNOの「LINE MOBILE」を吸収合併し、オンライン専用のブランドを新設することで、20GB2,980円を実現するという。4G/5G両対応プランで、「LINE」アプリによる通信量はカウントに含まれない。

MVNOの時はドコモ回線を使用しての運用であったが、新プラン移行後はソフトバンクと同一品質、同一のネットワークを使用することで、通信環境が改善される。同プランは2021年3月の開始を予定している。

サブブランドの「ワイモバイル」も見直し

一方、ソフトバンクのサブブランドであるワイモバイルは、3GB1,980円/月の「シンプルS」、10GB2,980円/月の「シンプルM」、20GB3,780円/月の「シンプルL」プランのシンプルな構成となる。料金はオンラインブランドの「SoftBank on LINE」より高めに設定されており、全国に展開する実店舗で関連サービスを利用できる点が含まれていると思われる。

昨年12月に開始予定であった20GBプラン「シンプル20」は「シンプルL」に引き継ぐ形で消滅した。ワイモバイルの新プランは2021年2月の開始予定。

メインブランドは容量無制限

メインブランドのソフトバンクでは元々50GB7,480円(4G)と50GB8,480円(5G)の構成であった「メリハリプラン」を「メリハリ無制限」に更新、容量は無制限になり、月額料金は4G・5G共に6,580円と大幅な値下げとなる。

ドコモの場合、5Gプランは4Gより100円高い代わりに容量を無制限として差別化をしているが、ソフトバンクはこれをフラット化している点が特徴である。

ユーザー目線で選びやすい料金体制に

今回の新料金体制によって、小〜中容量・低価格帯のワイモバイル、高容量・高価格帯のソフトバンク、そしてオンライン専用ブランドとして料金を抑えた「SoftBank on LINE」の三段構成となり、それぞれの立場が明確になった。

さらに、3つのブランド間手数料をゼロとすることで、既にソフトバンク系ブランドを契約しているユーザーにとっては、同系列間の乗り換えが容易になることが期待される。

一方で、新たに発表されるauの新料金プランを鑑みても他ブランドから多数ユーザーの流入が起こる可能性は低く、また低価格化により新規ブランドの参入はいっそう難しくなるものと予想される。

政府は三代キャリアの料金引き下げに圧力をかけてきたが、その主たる目的の一つだったはずの「寡占市場解消」はかえって難しい状況に陥っていないだろうか。