iPadの神アプリ「PDF Expert 7」はココがすごい!全てのPDF書類を一箇所に集約しよう

「iPadでおすすめのアプリは何か?」という質問をよくされます。そんな時、必ずおすすめするものの一つが「PDF Expert」というアプリです。

なぜなら、このアプリ一つで必要な作業が完結してしまうほど、多機能で、かつカスタマイズ性が高いから。

1,200円ちょっとする有料アプリですが、他のどのアプリよりも絶対に入れる価値がある、それだけの魅力があるのです。

どんなアプリ?

多機能なPDFビューアー・編集アプリ

何がすごいの?

iPad本体と各種クラウドのPDFファイルを一ヶ所にまとめることができる。
PDF書類の画像やテキストを自由に編集できる

価格

Basic:1,220円
PRO:5,400円(いずれも執筆時点)

書類を効率的に参照するには

ビジネス、勉強、はたまた一般用途でPDF書類を扱う人の多くに当てはまる悩み。それは溜まりに溜まった書類の整理です。

いざ見たい時に限って目的の書類が見つからない、という経験をした方も多いのではないでしょうか。

特定の書類をすぐ参照できる環境、つまり「何がどこにあるか」を一目で把握できるプラットフォームがあれば一番効率的ですし、何より余計なストレスがないという点で理想的だと思うのです。

全ての書類に一つのアプリからアクセス

そんな理想に一番近い環境をデジタルで実現するのが「PDF Expert」というアプリです。

このアプリはPDF書類をまとめて検索・参照できる共通のプラットフォームとして機能します。言い換えれば、全ての書類に一つのアプリからアクセスできる、理想的な環境を作ることができる訳です。

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

全てのPDF書類に一つのプラットフォームからアクセスできる

iPadの中に自分専用の書斎、書類棚がある感覚…と言えば正しいでしょうか。各ファイルはサムネイル(表紙)が表示された状態で並ぶので、一目で目的の書類を識別することができます。

「PDF Expert」にはiCloudからDropbox、Onedrive、そしてGoogleドライブまで主要なオンラインストレージを同期して、それらに保存されたファイルを一覧で表示できるという強みもあります。

タブを切り替えるだけで、異なる場所に保存したファイルにもすぐアクセスできる。わざわざ専用のクラウドアプリを開かずとも、「PDF Expert」一つで作業が完結するところに魅力があるのです。

きさみん

タブを切り替えるだけで、各クラウドに保存されているPDFファイルを切り替えできるのが便利なんだ!
PDF Expert tab cloud_1
PDF Expert tab cloud_2
PDF Expert tab cloud

Tips:オンラインストレージとは

オンラインストレージ(クラウドストレージ)は、インターネット上に個人のファイルを保存したり、保存したファイルを複数人で共有したりできるサービスです。
グーグルやマイクロソフト、アップルなどの大手企業が独自のオンラインストレージを提供していて、一定のデータ量までなら無料で使えるサービスが多くを占めます。要はインターネット上の架空の「保管庫」のようなもので、どのデバイス(スマホやPC、タブレット)からでもURL一つでアクセスできるというのがクラウドストレージの強みです。
スマホやタブレット、PCのストレージ(容量)には物理的な制約があるので、デバイスの容量がいっぱいになるのを避けるためにオンラインストレージを利用するケースがあります。他には、複数人で同じファイルを共有したい時に皆が参照できるプラットフォーム(場所)として利用される例もあります。

デジタルでも、現物と遜色ない使い勝手

デジタルとアナログにおける「閲覧」の形態には、それぞれの長所と短所があるように思います。

デジタルには、索引を見ずとも単語を検索にかけるだけで、目的のページへ瞬時に飛ぶことができる等の強みがあります。
対してアナログでは、本を見開きで読む、あるいはホチキス留めした書類をめくって読む、という経験から、「あの図はあの辺に載ってたなあ」というように、内容が「場所記憶」として印象に残りやすい傾向にあります。

このことを踏まえてみると、「PDF Expert」は、両者の長所を最大限に取り入れた、まさに「良いとこどり」の機能性を持っているのです。

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

PDF Expertでは書類の見開き表示が可能。

デジタルとアナログの「良いとこどり」

「PDF Expert」では、ファイルの表示方法を「縦スクロール」「横スクロール」「見開き表示」の3種類から選ぶことができます

特に「見開き表示」では、実際に本を読む形態に近い、よりアナログチックな読み方をiPadで再現することができます。

他にも、PDFの下地をセピア色や黒色に変更できたり、画像のクロップ(切り取り)やテキストの読み上げができたりなど、「最適な閲覧環境」にこだわった豊富な設定項目にきっと驚かされるはずです。

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

検索ワードが含まれるページと場所を一覧で表示してくれる。

検索機能は特に優秀で、特定のワードを検索にかけると、一致する単語が含まれるページと、文章中のどこに存在するかを一覧で表示してくれます。

通常のPDF書類だけではなく、自分でスキャンした書類や”自炊”した本でも、OCR化されたものであれば文字は文字としてしっかり認識され、検索にかけることもできるのが嬉しいところです。

Tips:OCR とは?

光学文字認識の略です。印刷物などの文字はPC等にスキャンしてデータ化しても単純に画像の一部として認識され、「文字データ」すなわちテキストとしては認識されません。
そこで印刷物に光を当てて文字を読み取り、これをテキストデータに変換する処理が必要になります。これがOCRであり、通常はスキャナーで読み取った文字をテキストデータに変換する市販の「OCRソフト」を使うのが一般的です。

直感的なページ管理

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

各ページをサムネイルで直感的に管理できる。

「PDF Expert」には、数十から数百ページに及ぶ膨大なPDFファイルでも、ページ間を自由に移動し、また各ページを管理できるような工夫がなされています。

例えば、PDFの各ページはサムネイルで一覧として表示されるので、複数のページを直感的に管理することができます

PDF Expert 7

他のアプリからPDFファイルをスライドして挿入することもできる。

スワイプ操作だけで特定のページを回転したり、並べ替えることが容易にできてしまうのはこのアプリの秀逸なところですが、それ以外にも特定のページのみを抽出したり、別のアプリからPDFファイルをスライドして挿入したりと、操作における自由度の高さにはきっと驚くはず。

注釈からアウトライン(目次)の作成、何でもできる

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

特定の文字列にマーカーや下線を引いたり…

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

手書きの注釈を加えることができる。

「PDF Expert」には特定の文字列にマーカーを引いたり(こんなふうに!)、Apple Pencilで手書きの注釈を入れたりすることができます。

見開き表示に然り、これらの機能もまた、現物を扱うのに近い感覚で閲覧・編集ができるという、このアプリの魅力を引き立てる要素の一つです。

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

注釈やアウトラインは一覧で参照することができる。

さらに、特定のページに対してアウトライン(目次)を作成したり、ブックマークをつけることもできます。
アウトライン(目次)情報はPDFファイルに直接埋め込まれるので、「PDF Exeprt」以外のアプリでも作成した目次を参照できるのがポイントです。

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

長い注釈はテキストボックスやメモで挿入。

気づいたことをさっとまとめるのに、テキストボックスやメモは有効なツールです。特にiPadをキーボードとセットで用いる方にとっては、手書きの注釈よりテキスト形式で入力する方が合理的かもしれません。

カスタマイズ性の高い「PDF Expert」ならではの特徴としては、テキストの色やフォント、サイズ、はたまた背景色まで、細かく設定できる点が挙げられます。

PDF Expertの「本当の魅力」

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

既存のテキストや画像の編集・移動ができる強力な編集機能。

最後に「PDF Expert」の魅力を語る上で欠かせないのが、その強力な「編集機能」です。

WordやPowerPointで作成した書類をPDFに変換したあとで、修正すべき箇所が見つかった、というケースは案外頻繁にあるものです。
他にも、もらった資料のレイアウトが見にくかったり、文章が難解で読みづらい場合などに、「PDF Expert」の編集機能が役立ちます。

なんと、既存のPDFファイルにおいてテキストデータを自動で認識し、特定の文字列を追加、削除、はたまた改変することができるのです。

PDF Expert 7 ipad おすすめ アプリ

既存のPDFファイルで、レイアウトを自由に変更できる。

既存の文字列に新たなテキストを挿入する場合、自動でフォントや文字サイズを合わせてくれるのがすごいところ。さらに、PDF上の画像を認識して好きな位置に移動したり、サイズを変更することもできます。

これらの機能を駆使すれば、スタイルを保ちながら、既存のPDFファイルを自分好みの文章、レイアウトに改変することができます。

このアプリ一つで全てが事足りる

以上簡単に紹介したように、「PDF Expert」はPDFビューワーとしての機能から高度な編集機能まで、様々なツールが揃った有用性の高いアプリであることがお分かりいただけでしょうか。

何より、あらゆるPDFファイルを一箇所に集約して効率よくアクセスできる環境を整えるのが、作業の質をあげる上で重要なことだと思います。
そんな作業環境の改善に、きっと「PDF Expert」が一役買ってくれるはず。1,200円分を優にこえる恩恵を享受してみませんか?


関連:iPadを最大限に活用するアイデア、まとめました

【iPadはここまでできる】学生×iPad!勉強に特化したiPadの活用法はすべてここに詰まっている【マニュアル】

iPadの魅力を引き出すための使い方、アプリ、アクセサリ。全てをこの記事にまとめました。「PDF Expert」についてもちょこっと触れているので、こちらも読んでいただければ幸いです。

8 Comments

こんにちわ
PDF Expertですが、私も頻用しています。
しかし、検索機能がかなり遅く困っています。この解決方法って何かご存知でしょうか?
絶対にあるような単語、しかもファイル名で検索を選んでも、20秒〜30秒経っても検索に引っかからない時もあります。

私のイメージでは
Expert 正確性高いが検索遅い
Goodnotes 検索早いが不正確

解決方法ご存知であれば教えていただけると幸いです・・・

返信する
きさみん

コメントありがとうございます!

そうですね…僕の環境だと1000ページ超の書類を検索しても長くて5秒以内には結果が返ってきますので、遅いという印象を持ったことはないです…
ただしアナログベースでスキャンした書類なんかだと、スキャンアプリのOCR(文字認識)の性能差で検索の精度が変わってくることがあります。

iPadのスペックに依存している可能性もありますが、2〜30秒待っても結果が出ないというのは、書類の文字がテキストデータとして認識されてないとか、そもそもアプリ自体に不具合があるとか、もっと根本的な問題があるのかもしれません…

返信する

ご返信ありがとうございます。
言葉足らずですみません、私が話していたのはファイル「名」検索です、ファイル「内」検索ではなく。
例えば●●●.pdfというファイル名があったとして、「●●●」という単語で検索しても、全然引っかからずに、ファイルが存在するフォルダへ直接移動した方が早い時があります・・・

返信する
きさみん

なるほど、勘違いしてすみませんm(__)m

僕の環境でファイル名検索を試してみましたが、少なくともiPad本体とiCloudに保存されているPDFファイルについては、問題なく機能しているようです。
ファイル名全体とファイル名の一部、両方やってみましたが、パッとみた感じ検索精度と時間には違いがなさそうに思えます。

他のクラウドサービスについては試していませんので、もしかするとファイルの保存場所によって精度が変わってくるのかもしれませんね。

返信する

ご返信ありがとうございます。
何度か試しているんですが、やはり遅いですね・・・
ファイル「内」検索機能は十分早いのですが。
iPad Pro 2018使ってるので、本体のせいとも言えないですしね

またいろいろいじってみることとします。
ありがとうございます!

返信する
きさみん

いえいえ!
他にファイルの量が多すぎると検索速度が下がることもあるようです。参考までにm(__)m

返信する
れな

おはようございます!
最近PDFエキスパートを使い始めました。
質問ですが、PDFエキスパートに入れたPDF(OCR化したもの)にある図を他のアプリ(ノートなど)に貼り付ける機能はあるのでしょうか?

返信する
きさみん

れなさん、コメントありがとうございます!

PDF Expertで書類を開くと上のタブに「PDFを編集」という項目があると思います。PDF中の図が画像データとして認識されていれば、ここから画像のコピーや削除等ができます。
もしコピーできない場合は、その図が載っているページそのものをコピーするか、一度スクリーンショットを撮って後からトリミングする必要があります。これはちょっと面倒くさいです…笑

返信する

質問・コメントはこちらから!