BECOME A MEMBER

SEEKERS

ガジェット・モノ好きが集う情報共有プラットフォーム。モノやサービスのアイデアを、 記事にして共有しよう。

New Post

Review

ハンドヘルドPCの後発機 「Legion Go」 は、 ゲームを中心に幅広い用途で使えるユニークな一台 : 実機レビュー

レノボ初のポータブルゲーミングPC「Legion Go」は同分野で後発品でありながら、他機種を凌ぐ性能と機能面の充実を特徴としています。一方本機は高額で、ゲームだけでなく作業や動画視聴など幅広く活用して初めて、価格に見合う体験が得られるでしょう。

Pick Up

Promotion

心拍数センサー内蔵イヤホン 「Amazfit PowerBuds Pro」 が提供するのは、 ”音”による新しい健康管理のカタチ 【PR】

中国のヘルスケア・テックメーカーであるゼップ・ヘルス(Zepp Health)。「Amazfit」はヘルスケアに特化した同社のウェアラブルブランドとして知られている。今回は、イヤホンでありながら心拍数や消費カロリー、歩数などのフィットネスデータを計測できるウェアラブルデバイス「Amazfit PowerBuds Pro」を紹介する。
Topics

外付けSSDを導入するメリットとは? HDD・USBメモリとの違いも解説

そもそも「外付けSSDとは何か?」「USBメモリと何が違うのか?」といった疑問を抱いてもおかしくありません。なぜ外部ストレージとして「外付けSSD」が注目されるようになったのでしょうか。この記事では、SSDとHDD、そして一般的なUSBフラッシュメモリとの違いに触れながら、外部SSDのメリットを解説していきます。

IMAGE BY GOOGLE

AI

グーグル、 マルチモーダルAI 「Gemini」 を発表。 処理能力を大幅強化、 Pixel 8 Proへの導入も予定

グーグルは12月7日、テキスト・画像・音声・動画など複数のデータ形式を理解し、利用できる新しいAIモデル「Gemini」を発表しました。チャットAI「Bard」(英語版)ではすでにGemini Proが利用可能で、2024年度中にはGemini Ultraを用いた「Bard Advanced」もリリース予定です。
本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています (詳細

グーグルは12月7日、 テキスト・画像・音声・動画など複数のデータ形式を理解し、 利用できる新しいAIモデル 「Gemini」 を発表しました。

Geminiは、 そのサイズに応じて3つのモデル(Gemini UltraGemini ProGemini Nano)が提供されます。 グーグルのチャットAI 「Bard」 (英語版)ではすでにGemini Proが利用可能で、 2024年度中にはGemini Ultraを用いた 「Bard Advanced」 もリリース予定としています。

一部でGPT-4を凌駕も、 Geminiの性能

Geminiは、 テキスト、 画像、 音声、 動画などの異なるデータ形式を処理できるマルチモーダルAI。 グーグルの最新AIモデルとして、 これまでバックエンドで動いてきた 「LaMDA」 や 「PaLM」 を引き継ぐ流れになります。

なお、 グーグルが提供するチャットAIサービス 「Bard」 は元々これらのLLM(大規模言語モデル)をベースとしており、 Geminiの導入でさらに高度な言語理解と生成能力を持つサービスに進化することが期待されます。

グーグル、  マルチモーダルAI  「Gemini」  を発表。  処理能力を大幅強化、  Pixel 8 Proへの導入も予定

IMAGE BY GOOGLE

グーグルによれば、 Geminiは 「32の業界ベンチマークのうち30で既存モデルを上回る性能」 を示したといいます。

人文科学、 社会科学など幅広い科目の知識と問題解決力を問うベンチマーク 「MMLU」 では、 GPT-4の86.4%、 人間の専門家の89.8%を超えて90.0%という驚異的な数値を叩き出したGemini。 その可能性は計り知れません。

※ MMLU: Massive Multitask Language Understandingの略。 テキストモデルのマルチタスク精度を測定するための新しいベンチマーク。

今回提供される3種類のバリエーションのうち、 Gemini Proはマルチタスクに対応する設計がされており、 Gemini Nanoはモバイルデバイスでの動作に特化したモデルとなっています。 いずれのモデルもAI研究の最新技術を活用し、 複数の分野での応用が見込まれるでしょう。

広告/Advertisement

「Pixel 8 Pro」 にGemini実装アップデート

グーグルは2023年12月13日より、 開発者や企業がGoogle Cloudを通じてGemini Proにアクセスできるようにするとしています。 開発者や企業は独自のアプリケーションでGeminiを活用できるとのことです。

グーグル、  マルチモーダルAI  「Gemini」  を発表。  処理能力を大幅強化、  Pixel 8 Proへの導入も予定

IMAGE BY GOOGLE

また、 グーグルは自社の最新スマートフォン 「Pixel 8 Pro」 にモバイルデバイス向けのGemini Nanoを導入するアップデートを発表。 Googleの独自チップ 「Tensor G3」 上で動作し、 スマートフォン単体(オフライン)での使用が可能になるとしています。

Gemini Nanoはボイスレコーダーアプリでの文字起こしや、 キーボードアプリ 「Gboard」 の機能向上に活かされます。 たとえば文字起こしした録音テキストの要約や、 メールやチャットの返信文の提案を受けられるようになります。 ただし執筆時点での対応言語は英語のみとなっているため注意。

英語版の 「Bard」 ではGemini Proがすでに実装されているため、 誰でも新機能を試すことができます。 また、 2024年度中にはGemini Ultraを用いて処理能力を高めた 「Bard Advanced」 もリリースされる予定です。

  SOURCE