【ガジェット】進化し続ける電子機器たち【歴史】

  Writer:papa


今回はガジェットの歴史について解説していきたいと思います。

私の愛するガジェットたち、その言葉が現れたのはいつ?実は昔からガジェットと呼ばれるものは存在していた!?

さらに私が幼い頃、呼び名を知らない間に使っていたガジェットたちをご紹介します。
それでは、どうぞ。

ガジェットとは

みなさんは、ガジェットって何?と聞かれたら何とお答えしますか?

「流行にのった小物?」「最新のIT機器?」

実はガジェットは、今となっては携帯機器や音楽プレーヤー、小型の家電製品などが一般的ですが、実はきちんとした定義があります。
ガジェットとは、英語でGadgetと書き、日本語訳では「気の利いた道具、目新しい小物」などを意味します。

つまり、本来の意味としては機器と限定するものではなく、例えば机周りに置いておける小物入れやキッチン周りの収納グッズなどもガジェットと呼ぶことができます。
ただ、昨今広まっているガジェットとしての意味は、やはり家電製品や携帯電話のアクセサリーなどが主流になっていることは間違いありません。
では、一体いつからガジェットが世に出始めたのでしょうか?

ガジェットの今と昔

ガジェットの歴史を辿ると面白いアイテム、懐かしいアイテムを見つけることができました。

昔から存在したガジェット

ガジェットの定義を今風に変えて、「気の利いた電子機器」と定義したとき、古いものでいえば、電卓が挙げられるのではないでしょうか。

少し古すぎますか?
では、もう少し進んで1968年に発売されたガジェット、何だかお分かりですか?

「ポケベル」の愛称で親しまれた無線の呼び出しサービス、ポケットベル。Image:東京テレメッセージ

答えはポケベルです。
1990年にブームが起こり、私も使っていましたが、この頃で言えば立派なガジェットになります。

また、その頃同時に出始めたのがノートパソコンになります。
最も古いパソコンは1989年に東芝が発売したDynabookです!今でも進化を遂げて新しいDynabookが発売されていますが、実は初代ノートパソコンだったんですね。
ちなみにこのDynabookの値段は何と498,000円!
今とはお金の価値が違いますので、当時のこの値段だと、超高級ノートパソコンになります。

世界初のラップトップPC、東芝「T1100」。Image:TOSHIBA

他に同時期にブームになったものとして、電子辞書もありました。学校では分厚い本の辞書を使うので時間がかかりますが、家では電子辞書で簡単に調べられる非常に便利なガジェットです。

では、1990年から少し先に進んで行きましょう。
この頃流行ったものがPHS、ファミコンやスーパーファミコン。これらは社会現象とも呼ばれる程ブームになりました。
特にPHSは携帯電話ブームの火付け役にもなり、この頃からポケベルはだんだんと衰退していきました。
ファミコンはどうでしょうか?ガジェットの定義が「目新しい電子機器」なら当てはまりますよね。

テレビにスーパーファミコンを内蔵し当時話題となったシャープ「SF-1」。Image:SHARP

しかも私の場合は、さらにガジェット度?が高いアイテムを持っていました。
それは、スーパーファミコン内蔵テレビです。
テレビとスーパーファミコンが合体した憧れの家電です。

ただ、2つの電子機器が合体しているので、難点もありました。それは、どちらかが壊れたら一緒に修理をしなければならないので、両方がいっぺんに使えなくなることです。昔の家電はすぐ修理が必要になりましたからね。
ただ、大きすぎて小物とは言えないですね。目新しさで言えば、私にとって十分なガジェットです。

ガジェットの歴史を辿ってみましたが、いかがでしたでしょうか?
これらのアイテムは当時ガジェットという言葉は流行っていなかったですが、今となってはガジェット呼ぶに相応しいアイテムたちだと思います。

Image:CASIO

進化していくガジェット

これら昔から存在したガジェットは、近年になり姿を消したもの、進化して形が変わったものなどがあります。

例えば、スーパーファミコン内蔵テレビもゲーム機器の進化によりすでに消えています。また、ポケベルに関しては携帯電話の普及により完全に姿を消しました。
しかし、同じ時期に流行った電子辞書はまだまだ世に出回っています。
電卓に関してもそうです。仕事机に1台は入れておきたいアイテムとして、まだまだ役に立っています。
この差は何でしょうか?こういったことを考えてみるのも面白いですよね。

そして、PHSやノートパソコンはそれぞれスマートフォンやタブレットに進化しました。
でも、よく考えてみてください。
電卓も電子辞書もどちらもスマートフォンやタブレットにアプリとして取り入れることができますよね。

では何故、電卓や電子辞書は生き残れたのでしょうか?
それは、スピード性、コンパクト性などの使いやすさに加えて、「私たち世代が昔から使ってきたものであるから」が一番の理由であると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
進化したガジェット、生き残ったガジェット、消えてしまったガジェット様々ですが、やはりガジェットというのは「目新しさ」、「気が利く」よりもやはり「使いやすさ」ではないでしょうか?
私のブログで紹介している様々なガジェットたちも全て「使いやすさ」、「便利さ」があるので、丁寧に紹介させていただいています。

新しい電子機器が発売されたら目が行ってしまいがちですが、ガジェットの定義に当てはめて、身近にある「My Gadget」を探してみることも大切だと思いました。
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。


寄稿していただきました
  Writer:papa
ブログ「雨のち晴れ」運営
Twitter:@papameimei1234
この記事はブログ「雨のち晴れ」を運営されているpapaさん(@papameimei1234)に執筆していただきました!
「雨のち晴れ」ではpapaさんが会社員をしながら日々体験した様々な出来事が記事になっています。こちらも是非チェックしてみてください!

↑「雨のち晴れ」の記事はこちらからチェック!

きさみん

papaさんが中学校の教師をされていた時のお話(記事はこちら)は読んでいてすごく興味深かったなあ…

教員のお仕事って想像以上に大変なのね…💦

メロ

質問・コメントはこちらから!