Product

ソニーが撮影用ドローン「Airpeak」を公開。ミラーレス一眼も搭載可能:CES2021

年に一度の世界最大の電子機器の見本市、CES2021にて、ソニーは新作ドローン「Airpeak」を初公開した。同製品はSONY初となる撮影用ドローンで、映像業界にも新風を巻き起こしそうだ。

年に一度の世界最大の電子機器の見本市、CES2021にて、ソニーは新作ドローン「Airpeak」を初公開した。同製品はSONY初となる撮影用ドローンで、映像業界にも新風を巻き起こしそうだ。

年に一度の世界最大の電子機器の見本市、CES2021にて、ソニーは新作ドローン「Airpeak」を初公開した。同製品はソニー初となる撮影用ドローンで、映像業界にも新風を巻き起こしそうだ。

ソニーは2020年11月に撮影用ドローンの開発を発表し、21年1月の今回のCESで実物のお披露目に至った。「Airpeak」は4個のプロペラを持つ本体の下部に、ソニー製ミラーレス一眼カメラ、αシリーズを設置できるような仕様となっており、安定した飛行性能とαシリーズ持ち前の映像技術で、高品質な映像制作が可能だという。吉田憲一郎CEOによると本製品は『冒険的なクリエーター』向けとのことだ。


ソニーが公開した動画には、実際に「α7SⅢ」を搭載して空撮をするAirpeakが紹介されている。ここで被写体となっている車は、昨年のCESで発表されたソニーの技術を搭載した「Vision-S」だ。Airpeakはその安定した飛行性能を売りにしているが、それにソニーが長年培ってきた手ぶれ補正やAF(オートフォーカス)技術も加わり、αシリーズでブレのない滑らかな動画が出来上がっている。

Image:SONY

従来、カメラを搭載可能なドローンは、大型化を余儀なくされていたが、「Airpeak」はサイズをかなり小さくすることに成功したようだ。また、この製品はプロ仕様とされているが、すでに持っているαシリーズをそのまま撮影機器として使えることを考えると、案外我々アマチュアにも門戸が開かれている気がする。

発売は今年の春頃を予定しており、価格は明らかにされていない。Airpeakから始まるソニーのドローン製品展開は、ドローン市場と映像制作業界にどのようなインパクトを与えるのか、楽しみだ。