BECOME A MEMBER

SEEKERS

ガジェット・モノ好きが集う情報共有プラットフォーム。モノやサービスのアイデアを、 記事にして共有しよう。

New Post

Product

サンワサプライからHDMIポート搭載のUSB Type-Cハブ。 4K対応で周辺機器接続が容易に

サンワサプライは4月8日、ケーブル一本でPCと周辺機器を接続できる機能を備えたUSB Type-Cハブ「USB-5TCH15BK」を発売しました。4K・30Hz対応のHDMI出力ポートを備え、ハブを介してマルチディスプレイ環境を構築できるのが特徴です。

Pick Up

Opinion

モジュール式アクションカム 「Insta 360 ONE R」 のスペックと特徴 : 一眼レフのようにレンズ交換が可能

一眼レフのようにレンズ交換が可能なモジュール式を採用しているのが何よりの特徴で、標準カメラ(F2.0、35 mm換算で焦点距離 16.4 mm)に加えて360度カメラ、さらにライカと共同開発した1インチ広角カメラ(F3.2、35 mm換算で焦点距離 14.4 mm)など興味深いカメララインナップも何とも購買欲をそそるアイテムになっています。
iPad 比較
Guide

「iPad」 最新モデルの選び方まとめ。 スペック比較からおすすめのモデルまで徹底解説

「iPadは気になるけど、種類が多すぎてどれが良いかわからない」「自分に合ったiPadを選びたい」という方へ、難しいことは抜きに「目で見て」比較できるiPadの選び方をまとめました。4機種、5モデルと複雑なラインナップですが、その特徴を見れば用途に応じて絶妙な棲み分けがなされていることに気付くはずです。

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

Review

ペットボトル費用を節約! 環境にも優しいA7サイズのミニ水筒 「memobottle」 が可愛い

SDGsに配慮したライフスタイルを送りたいと考えている人、ペットボトルを買うのはもったいないという人に。機能性と洗練された見た目が美しいmemobottleは、水分補給を忘れがちな忙しい現代人に習慣を促すアイデア製品です。
本サイトはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています (詳細

これからの季節、 気温が高くになるにつれ適度な飲水は必要不可欠です。 僕はよく自販機で280mLサイズのペットボトルを買うのですが、 小さいバッグだとこれが案外かさばるし、 捨てるのが面倒だし、 なにより環境に優しくない…ということでモヤモヤしていました。

そんな時に見つけたのがこの 「memobottle(メモボトル)」 。 スリムかつコンパクトな形状、 見た目もスタイリッシュで、 ノマドワークにぴったりなのでは!?と衝動買いしてしまったのです。

スリムな形状が魅力の 「memobottle」

ペットボトル費用を節約!   環境にも優しいA7サイズのミニ水筒  「memobottle」  が可愛い

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

memobottleはオーストラリア・メルボルンを拠点とするブランド。 memobottleの水筒はよくある円筒形ではなく、 A5やA6サイズの用紙をイメージしたフラットな形状をしています。

スペースの限られるカバンやバックパックにおいて、 水筒の優先順位は多くの人にとってそこまで高くないでしょう。 パソコンや必要な書類を入れたあと、 残ったスペースにも収まるmemobottleはきわめて実用的と言えます。

ペットボトル費用を節約!   環境にも優しいA7サイズのミニ水筒  「memobottle」  が可愛い

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

memobottleにはA5、 A6、 A7など様々なサイズがあり、 専用のシリコンスリーブボトルスタンドなどもあります。 A7サイズの場合、 すべて買い揃えると計7,940円 (税込、 Amazon、 執筆時点) と結構な価格になるので、 まずは本体だけお試しで買ってみるのも良さそう。

プラスチック製の透明な容器には 「A7」 の文字が刻まれていて、 シンプルながら洗練された美しさがあります。 キャップはステンレスで、 これまたオシャレ。 銅色やマットブラックなどのカスタマイズ品もあります。

広告/Advertisement

コンパクトに収まるサイズ感

ペットボトル費用を節約!   環境にも優しいA7サイズのミニ水筒  「memobottle」  が可愛い

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

僕が購入したA7モデルのサイズは18×11.5×4cmで、 容量は180ml。 一般的なペットボトルに比べると容量は少ないので、 普段からたくさん水を飲む人はもっと大きいサイズが良いかもしれませんね。

一回り大きいA6サイズなら375ml、 A5サイズなら750mlの水が入ります。 写真ではお茶を入れてますが、 あとから調べたところ衛生上の観点から 「水のみ使用可」 とのことでした…。

デメリットとしては開口部が小さいので、 使用のたびに洗うのがやや面倒かな。 また、 耐熱温度の関係で熱湯や食洗機が使えないという制約もあります。

スマートに環境貢献

ペットボトル費用を節約!   環境にも優しいA7サイズのミニ水筒  「memobottle」  が可愛い

PHOTOGRAPH BY KUJO HARU

memobottleは環境への影響を減らすことにも重点を置いています。 本体に再利用可能な 「BPA(ビスフェノールA)フリープラスチック」 を使用しているのもその一つ。 SDGsに配慮したライフスタイルを送りたいと考えている人、 あるいはそうでなくとも、 ペットボトルを買うのはもったいないという人に適しています。

機能性と洗練された見た目が美しいmemobottle。 水分補給を忘れがちな忙しい現代人に習慣を促すアイデアとして、 是非おすすめしたい製品です。

  SOURCE