Product

テック世代に生まれた「わかっている」ワイヤレスイヤフォン : OPPO Enco Free2【PR】

Enco Free2は、テックメーカーのイヤフォンに求められる需要を漏れなく詰め込んでいる。ノイズキャンセリング機能は非常に精度が高く、製品の特徴として特筆に値する点だ。音域を問わないクリアな音質もまた、価格以上のポテンシャルを秘めていると言えるだろう。

イヤフォンの”本当の価値”とは?

「AirPods」が初めてお披露目されたあの日、ワイヤレスイヤホンが日常のスタンダードになる未来をどれだけの人が想像しただろううか。今や街に出ればコードレスのイヤホンで颯爽と歩く人を見つけるのは容易である。

リサーチ会社のCounterpoint Researchによれば、完全ワイヤレスイヤホン(TWS)の市場規模は2019年時点で約4,500億円規模に到達。ベンダー別(2020年第3四半期)の出荷台数をみると、シェアの半数近くを占めるのはアップル、シャオミ、サムスンなどいわゆる”テックメーカー”ばかりだ。

ともすればイヤホン自体の価値というより、デバイスとの接続やシームレスな連携といったテック特有のエコシステムにこそ一定の需要があるのではないだろうか。OPPO謹製のワイヤレスイヤフォン「Enco Free2」は、そんなユーザーの期待に応えてくれる一台と言える。

見た目以上の世界観

OPPO Enco Free2」は、OPPOが提供するイヤフォンの中でもハイグレードなモデルだ。とはいえ1万円台前半という価格は決して手の届かないレベルではなく、今よりちょっと良い製品を探している人には魅力的に映るのではないだろうか。

見た目はシンプルで、目に留まるのは控えめに刻まれた「OPPO」のロゴくらいだろう。特段ゴージャスなつくりとは言えないが、テックらしいクセのなさを好む人なら親しみを持てるデザインである。

PHOTOGRAPH BY QUEST

PHOTOGRAPH BY QUEST

スマートフォンで有名なOPPOだが、ワイヤレスイヤフォンへの参入は2020年とごく最近。しかし実際に聞いてみると、わずか1年の蓄積とは思えない重厚な世界観に驚かされる。

チューニングは北欧デンマークのスピーカーブランド・Dynaudioが監修。特段の設定をせずともバランスの良い音を奏でてくれた。高音ボーカルの際立つeillやfemme fataleは特に美しいばかりか、Tempalayの「大東京万博」では各々の楽器が奏でるクリアな旋律に心地よさすら感じる。

機能面のこだわりに注目

スマホメーカーが作るイヤフォンとなれば、やはり無視できない機能性を秘めている。

通勤通学で自然に使えるイヤフォンの必須条件は、周囲の騒音を無にできるアクティブ・ノイズキャンセリングだと思う。Enco Free2は、 フィードフォワードとフィードバックのハイブリット方式を採用することで、42dBの静粛性を実現。これは同価格帯のイヤフォンではかなり優秀な部類だ。

ありがたいことに、専用のアプリを使えば耳の構造やイヤーピースの装着状態から、最適なノイズキャンセリングを設定してくれる。アプリではイヤフォンのフィットテストも可能で、自分に合ったイヤーピースを見つけて遮音性も担保できる様子。 このほかにも、耳の周波数特性に合わせて音質を最適化してくれる補正機能などがある。

PHOTOGRAPH BY QUEST
PHOTOGRAPH BY QUEST
PHOTOGRAPH BY QUEST
PHOTOGRAPH BY QUEST

タッチコントロールは反応性を含め優秀で、ストレスを感じることはない。タップ・2回タップ・3回タップのほか長押しやスライド操作に対応しているため、ショートカットを沢山割り当てられる。特に指でスライドしながらの音量調整は非常に直感的で、すぐに慣れることができるだろう。

接続はAndroidのみならず、iPhoneでも支障なく可能だ。ただしOPPOのスマートフォンであれば、連携はもっと楽になる。最初の接続は蓋を開けるだけで良いし、基本的に端末上ですべてのコントロールが完結するのだ。ワイヤレスイヤフォンにユーザーが求める価値の一端が、そこにある。

最大80msの低遅延モードやIP54の防塵防滴性能は、その良さが実感できる人のためにある。だがワイヤレス充電に非対応であることには、もっと多くの人が気づくかもしれない。

目を瞑る場所はない

Enco Free2は、テックメーカーのイヤフォンに求められる需要を漏れなく詰め込んでいる。ノイズキャンセリング機能は非常に精度が高く、製品の特徴として特筆に値する点だ。音域を問わないクリアな音質もまた、価格以上のポテンシャルを秘めていると言えるだろう。

総合力に優れていても個々の分野には目を瞑らねばならない部分がある、というのがこの価格帯の鉄則だが、この製品はそんな観念を打ち破ってくれるかもしれない。

PR:OPPO