HP Spectre Folio 13|世界初?本格革張りの2 in 1ラップトップ

やってくれたな、HP。

全身を本革に包んだラップトップとは思えない見た目が印象的な、HPの「Spectre Folio 13」。本記事ではSpectre Folio 13の性能・スペックを紹介していきたいと思います。

なんで紹介するのかって?…惚れたからに決まってるやろ!

デザイン|革張りの衝撃。

一目で気づくのが、レザーを贅沢に使用した斬新な外観です。画面を閉じれば、パソコンであることを感じさせない美しい姿で私たちを魅了してくれます。

レザー部とPC部が違和感なく融合しているのは、その高いデザイン性と設計を実感させるところでしょう。それもそのはず、HP Spectre Folioはおよそ2年の長い開発期間の中で設計面の検討を重ねた上に実現した製品なのです。

新時代の2 in 1ラップトップ

2 in 1ノートPCではキーボード面を360度回転させてタブレットにするタイプがほとんどですが、これだと変形時に一度PCを持ち上げる必要がありますし、手で持つ時にキーボードが当たって不快感があります。

ですが、HPはこれらの問題をスマートに解決してくれました。

Spectre Folioではマグネットで固定された液晶パネル下部を手前にスライドさせることで、クラムシェルからタブレットモードへと簡単に移行することができます

さらに、これら2形態の中間として、動画閲覧に適した「メディアモード」も用意されています。ここに関しては、非の付け所がありません。

メディアモード。トラックパットが残されているのがありがたい。

ただ、重量が1.4kgを超えるため、タブレットモードでも片手で持ち続けるのは中々大変だと思います。

キーボードは良い、液晶も高品質

キーボードには特にこれといった特徴はありません。ただ、右端に独自キーの列があるせいで、Enter・BackSpaceキーが端にないので、人によっては不快に感じるでしょうし、慣れるまで時間を要すると思われます。また、バックライトはありません。

液晶はIPSの光沢パネルで、4KオプションはなくフルHDのみです。視野角は十分広く、輝度も十分(最大322cd/㎡)です。カメラはWindows Helloによる顔認証に対応しています。

惜しいところ

もちろん、気になる点はあります。一つ目に、ベゼルの太さ。Spectre Folioを開いてみると、レザー部分とラップトップ筐体の「二重ベゼル」がどうしても目についてしまうのです。また、MacBookやSurface Laptopに見慣れている人からすると、画面下のやけに太い余白はとてももどかしく感じられます。ワイド液晶のアスペクト比にこだわる必要はなかったのでは?と思わざるを得ません。

また、スピーカーがキーボードの上部にあり、その分キーボードが手前に来ているので人によっては打ちづらさを感じるかもしれません。

付属のペンホルダーは申し訳程度の出来。スタイラスを包むだけの簡素なデザインなので、当然固定は不安定だし、ペンがブラブラして気に入りません。このペンホルダーは元からついているわけではなく、取り付け式なので、嫌な人はつけなくてもいいかも。

拡張性|USB-Cブームを反映

インターフェースは、Thunderbolt 3ポートが2つにUSB 3.1 Type Cポートが1つ、ヘッドホン・イヤホン端子が1つです。Type Cポートは電源供給の役割も備えています。

必要最低限といった感じですが、Thunderbolt 3があるおかげで高解像度の外部映像出力が可能ですし、拡張性は十分に確保されていると思います。

なお、HP Spectre FolioにはType C to Type Aの変換アダプターが付属しています。

性能・パフォーマンス|最上位シリーズにしてはやや非力?

HP Spectre FolioはIntelの第8世代Yプロセッサを搭載しています。Yシリーズは処理能力を抑えてある分消費電力が低く、バッテリー持ちが良いのが特徴です。実際、HPによればこの製品は約54Whの大容量バッテリーの影響もあり最大なんと19時間も連続駆動すると謳われています。加えて、ファンレスなのでとても静か(常時20dB前後)です。

きさみん

Yプロセッサには発熱量が少ないというメリットもあるよ。

製品はCore i7-8500YとCore i5-8200Yの2モデルから選ぶことができます。どちらもブラウジングや軽度の作業なら難なくこなしてくれます。しかし、2コア4スレッドなので画像編集(Photoshopなど)や動画編集(Adobe Premireなど)は厳しいと思ったほうが良いでしょう。

グラフィックは内臓のIntel UHD 615なので、3Dゲームや動画編集には向いていません。ストレージは高速なPCIe-NVMe SSDを採用。読み書き速度は最大3,000MB/sに達します。

HP Spectre Folioのサウンドは高級オーディオメーカー「Bang&Olufsen」と共同でチューニングした4スピーカーから発せられます。ウルトラブックのスピーカーの中では高い音質と十分な品質を期待できるものと思われます。

また、付属のスタイラス(Spectre アクティブペン2)は1,024段階の筆圧検知と傾き検知に対応。充電式でType-Cポートから電力を供給します。およそ10時間の連続使用に耐えますが、電池式が良いという人はSurfaceペンを使うことも一応可能のようです。

まとめ

HP Spectre Folioの一番の魅力は本革張りのスタイリッシュな外観です。高級手帳のような洗練されたデザインはユーザーの所有感を間違いなく高めてくれるでしょう。

ただ、注意したいのはこの製品はラップトップの条件としてデザインを優先する人をターゲットにしているということ。それは価格を見ても明らかです。

このHP Spectre Folioは最安で169,800円からのラインナップ。同価格帯のラップトップはYシリーズより処理性能の高いUシリーズのプロセッサを搭載していて、3万円ほど安い価格帯には性能面でSpectre Folioと同等かそれ以上のSurfaceシリーズやiPad Proがあります。

あくまで性能重視のユーザーにとってこのHP Spectre Folioは選択肢に入らないでしょう。

そのことを理解した上で、この斬新な2 in 1ラップトップに魅力を感じる人にとって、HP Spectre Folio 13は素晴らしい選択肢となると思います。

参考 HP Spectre Folioの詳細を見る日本HP

コメントを残す