iPad、Mac…Apple製品の便利機能「Split View」の使い方

Mac iPad

iPadやMacには「Split View(スプリットビュー)」という便利な機能が搭載されています。

Split Viewは、一つの画面に複数のウインドウ、複数のアプリケーションを並べて表示できる機能で、活用すれば作業性をグンとあげることができます。

iPadでSplit Viewを使う方法

  • STEP.1
    アプリを開いた状態で、画面下からスワイプしてDock(ドック)を表示する

     

    スワイプしすぎるとApp一覧の画面になってしまうので注意。

  • STEP.2
    Dockから開きたいアプリを画面の左側か右側にドラッグ
  • STEP.3
    アプリ間のバーをスライドして、画面比率を変更

     

    簡単ですね。

Safariで2つのWebページを同時に見る

SafariでSplit Viewを使うと、2つのWebページを一度に見ることができます。Safariを開いた状態で、右上のアイコンを長押しすると「Split Viewを開く」という項目が出てくるのでこれをタップします。

Safariのトップページが右側に表示されたはずです。リンクを長押しして「Split Viewで開く」から開くこともできます。

すでに2つ以上のタブを開いている場合、タブの一つををタッチしたまま画面の左端か右端に持っていけばSplit Viewで開くことができます。

タブを閉じるか先ほどのアイコンを長押しして「このタブを閉じる」か「すべてのタブを結合」をタップすればSplit Viewは終了します。

MacでSplit Viewを使う方法

  • STEP.1
    ウインドウ左上の マークを押したままにする

    Split Viewに対応していないアプリケーションもあるので注意してください。

  • STEP.2
    アプリを画面の左側か右側にドラッグ
    開いているアプリケーションが縮小して表示されるので、アプリを画面の左か右、好きな方にドラッグしましょう。
  • STEP.3
    残った方に配置したいアプリをクリック

     

    閉じる時はもう一度 をクリックすればOK です。

Split Viewを使って作業性をあげよう

iPadでSplit Viewが使えることはもちろんなんですが、Macでも同じ機能が使えることは意外と知られていないようです。勿体無いですね!

iPad・Macユーザーの皆さん、ぜひAppleの便利な機能「Split View」を使ってあげてください。

コメントを残す