雑多が恋しくて。【月間キサナドゥ − 2019 July】

きさみん

皆さんの応援が励みになります!
Twitter( @ac_kissanadu)フォローよろしくお願いします!

今月の総まとめとしておすすめ記事をピックアップして紹介、その他企画満載のブログマガジン!それが「月間キサナドゥ」です。

きさみん

7月は良くも悪くもイベントがたくさんあって、慌ただしい1ヶ月だったね…

記事の投稿ペースも、もう少しあげていきたいと思う今日この頃。
それでは、今月も選りすぐりの記事を厳選してお届けしますよ!

Kissanaduを購読しよう!

iPad, Mac, その他様々ガジェットの活用法からレビューまで!当ブログを購読して、楽しみながらガジェットに詳しくなろう!

follow us in feedly

PICKUP ARTICLES

Google Nest HubとAmazon Echo Show 5、買うならどっち?スペック・対応サービスを徹底比較

Google Nest HubとAmazon Echo Show 5、買うならどっち?スペック・対応サービスを徹底比較

どれも同じように思えるスマートスピーカーの世界ですが、搭載されるAIによって得意・不得意が変わってくるので購入の際は注意が必要です。加えて、対応サービスの違いにもチェックしておきたいところ。

きさみん

Amazon EchoはNetflixにはよ対応せい。

【Apple Pencil】iPad Proの塗装が剥がれる問題、その後。Apple側の反応は?

【Apple Pencil】iPad Proの塗装が剥がれる問題、その後。Apple側の反応は?

iPad Pro(2018年モデル)にApple Pencilをくっつけていたら接着部の塗装が剥げてしまったというお話なんですが、以前あげた記事に関しまして少なからず反響があったので調査第2弾です。

なぜ塗装が剥げてしまうのか?Apple側の対応は?塗装剥げを防ぐにはどうしたらいいのか?を一つの記事にまとめてあるので、iPad Pro(2018)ユーザーにはぜひ読んでほしい一本です。

ところで、実は先日、塗装剥げに加えてiPad Proの筐体が大きく湾曲していることが発覚したんです。

使用して1年も経たないうちにこんなことになるなんて…。筐体を薄くしすぎたことに根本的な問題があるとは思いますが、新モデルではぜひここら辺の改善を期待したいところです。

【古材×スチール】おしゃれでインダストリアルなテーブル6種類。新生活・お部屋の模様替えにオススメ!

【古材×スチール】おしゃれでインダストリアルなテーブル6種類。新生活・お部屋の模様替えにオススメ!

インダストリアルデザインという言葉に馴染みがない人がほとんどだと思います。僕も例外にもれずその一人でした。
スチールなどの無機質な素材をベースに木材やレザーといったアクセントを加えることで、シンプルながらどこか温かみのある独特な印象を作り出してくれるのが魅力。

そんなお洒落全開のインダストリアルテーブルを6種類、紹介していきます。

きさみん

実は最近部屋の模様替えをし始めたから、この機会にオシャレなテーブルを一つ購入しようか悩んでいるところだったりするのだ。

PICKUP MUSIC

これまでの「PICKUP MUSIC」を見ていると、ジャンルには統一性がないし、カオスそのものだなあと。まあ、そんな状態を好む自分も否定できないんですけどね。

そんなわけで、今月は少しテーマ性を持ってピックアップしてきました。

Def Tech「My Way」


Def Tech(デフテック)が一躍有名になるきっかけとなった曲。

“諦め悲嘆し嘆き悲しみ
自分慰めいたわるその間にも
僕らを必要とする誰かがいる”

柔らかな、そしてどこか懐かしいメロディーに合わせて紡がれる、力強いメッセージ。心を締め付けていた鎖が優しく解かれ、自然と気持ちが軽くなるような。そんな一曲。

ポリスピカデリー feat. 初音ミク「Ordinary」


ボカロ枠。電子音が不得意とされる”情”の表現をこうも上手くやってのける人を、僕は他に知りません。彼の作る曲には、他の人には生み出せない確固たる世界観とオリジナリティーがあります。

昔の自分にタイムスリップしたかのような、懐かしい感覚。それをボカロが味合わせてくれるのだから、不思議です。

今月のキニナルコト

MacBook Pro 16インチがいよいよ登場?キーボードは改善されるか


画面サイズが16インチに拡大した新型MacBook Proが今年9月に発売される可能性があると、7/29付の台湾Digitimesで報じられています。本体サイズはそのまま、ベゼルを細くして画面サイズをアップするとか。OLEDはコストの問題からか見送られ、LGのLCDディスプレイが採用されるとの内容です。

注目はキーボードですかね。噂ではバタフライキーボードを廃止してシザースイッチに戻すと言われていますが、どうなるでしょうか。
先日アップデートされたMBP・MBAではキーボードの刷新が行われず、発売してすぐに修理プログラムの対象に仲間入りという珍現象がおきていたので、Appleとしてもこれ以上問題を引き伸ばしたくはないはず。
僕も”おてんば”なバタフライキーボードには随分と悩まされているので、ぜひとも改善を願いたいところです。

Huawei Mate X、CEOが実際に使用している様子が目撃される

Samsung「Galaxy Fold」と並んで注目される、折りたたみ式スマホ「Huawei Mate X」。耐久性に関する追加テストの必要性から、発売が今年9月に延期されています。

ファーウェイCEOのリチャード・ユー氏が使用しているMate Xの写真からは、製品発表時とは異なるカメラ配置やパターンが伺えます。そんなリチャード・ユーCEOによれば、「リリースまでにはもう少し待つ必要があるね」とのこと。
リリース時は複数モデルになるのか、それともグレード別に区分される可能性があるのか、気になりますね。

きさみん

Galaxy Foldみたいにディスプレイ関連の問題が起こらなければ良いけど…

おわりに

きさみん

来月はiPad関連の記事を中心に扱っていく予定だよ!

…有言実行なるか。

コメントを残す