コンパクトなのに本格派メカニカルキーボード。Vinpok「Taptek」使用レビュー

きさみん

皆さんの応援が励みになります!
Twitter( @ac_kissanadu)フォローよろしくお願いします!

どうも、きさみんです。

今日はタスク処理の大切なパートナーについてのお話。

「キーボードにはこだわりがある」という方、多いのではないでしょうか。これまで単なる仕事道具の一つだと思っていた残念な僕にも、キーボードの大切さを実感する機会が訪れました。

ありそうでなかったキーボード、「Taptek」の登場とともに。

どんなキーボード?

Taptekが他のキーボードとちょっと違うところ。それはデザインから見てとれます。

TaptekにはWindows/Macの2種類があるのですが、今回はMac仕様のキーボードでレビューしていきます。

ボディはとても小さく、無駄な余白がありません。整然と並ぶキーは全体に引き締まった印象を与えるのに一役買っているようです。

キートップの表示がシンプルなのは、US配列であるが故の利点の一つではないでしょうか。場所、デバイスを問わず調和する美しいデザイン。
モノへの第一印象は見た目で決まるものです。これを使いたい!と思わせてくれる魅力があるか否か。

よく見ると、キーとボディの間に結構すき間があるのに気づきます。そう、Taptekは独自仕様の「青軸キーボード」を搭載するメカニカルキーボードなのです。

最も一般的なCherryの「青軸」と言えば打鍵感が強くリズミックなクリック音が心地よいのですが、Taptekのそれは普通の青軸と少し異なるのではじめは慣れが必要かもしれません。

外出先でも用途も想定しているのか打鍵音は控えめで、クリック感はメカニカルキーボードにしては軽く、ストロークも浅めです。メカニカルキーボードを使ったことがない人も、すんなり入っていけそうな感じで良きかなと。

理想的なインターフェース

側面にはUSB Type-Cポートが一つと、有線/無線(Bluetooth)の接続切り替えボタン、Mac/iOSとWin/Androidの切り替えボタンがついています。
Micro USBにしなかったのは、素直に評価したいところ。

Bluttooth接続は最高に便利すぎるので、やはり無線接続での使用が主体になると思います。ただし、後述の理由から使い方次第でバッテリー消費が大きくなるので、長時間使用時は有線で使った方が良いかもしれません。

Bluetoothでの接続を勧める理由はもう一つあって、Taptekなら簡単なキークリックでデバイスの接続先を瞬時に切り替えることができるんですよね。

特定のキーボードに最大3台までのデバイスを登録すると、押すだけでデバイスの切り替えが可能。一つはデスクトップPC、もう一つはタブレット、三つ目はノートパソコン、というように使い分ければ、Taptek一台でキーボード環境を統一することができます。

RGBライトで光る

そしてこのキーボード、光ります。様々なパターンで光るボディは、キーボードの魅力を再実感させてくれるようです。

気分はまるでプロゲーマー。キーボードの右上のキーボードボタンを押せば、色を切り替えることができます。主張しないタイプも用意されていて、これもなかなか良いです。

ただし光らせ続けると確実にバッテリーを喰います。Taptekには1,800mAhの大容量バッテリーが搭載されていますが、バックライトがONかOFFかで連続使用可能時間が2週間以上も変わるようです。

「メカニカルで」このコンパクトさが魅力なんです

RGBバックライトを備えた本格的なメカニカルキーボードながら、厚さ16mm、重さ540g(ペットボトル約1本分)というコンパクトさを兼ね備えるTaptek。これこそが、他のキーボードではなくコイツを使いたい、と思う最大の魅力ではないでしょうか。

無線対応で、USB-Cポートを搭載していて、キーの同時押し入力(Nキーロールオーバー)に対応し、長時間使用にも対応(バックライトOFFで最大3週間連続使用可能)という抜かりなさも、このキーボードを支持したくなる理由です。

ただし勘違いしないでいただきたいのは、540gという重量は、キーボード全体の中で見ればものすごく軽い、と言えるものではないことです。Taptekの魅力は、あくまでメカニカルキーボードに重きをおくのであって、持ち運びのコンパクトさを至上とするユーザーにとっては必ずしも最上の選択肢とは限らないでしょう。

それと青軸は独自仕様で交換ができないのでその点にも注意が必要ですね。

Vinpokは香港発で、軽くて薄いポータブルモニター「Vinpok Split」やAirPowerライクなQi充電器「Vinpok Plux」、はたまた「ワイヤレス充電ができる本」なんて独創的な商品も生み出している大変興味深いブランドです。

今回紹介した「Vinpok Taptek」は以前にモバイルバッテリーの記事で紹介したクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で期間限定で販売されていたものです。

モバイルバッテリーの記事って?
MacBookProも充電できる100W高出力モバイルバッテリー。Less is More「Mighty 100」1週間使用レビュー

現在は見事プロジェクト上限に達し募集期間も終了していますが、Vinpokの公式サイトで引き続き購入が可能(英語表示になります)なので、興味のある方はぜひチェックしてみてみてください。

コメントを残す