HARBOR レビュー

ガジェッターは最強のパワーバンクを求めて。—— HARBORと一週間【PR】

スマホ、タブレットにノートPC…複数のデバイスを欠かさず持ち歩くガジェット世代にとって、「電池残量」という言葉がどれほど響くことか。出先で作業する時は無意識にコンセントを探し、電源がない場所にはモバイルバッテリーを持参する。そんな生活が当たり前になってからは、どこにでも持ち運べて自由に電源を供給できるパワーバンクの必要性を強く意識するようになりました。

Harbor(ハーバー)」は30,000mAhの大容量バッテリーを備えながら、表面のソーラーパネルで蓄電もできる自立式のパワーバンクです。理想のモバイルバッテリーを求め続けこれまでにもいくつか試してきましたが、ソーラーパネル付の製品を試すのは今回が初めて。

「小さな筐体にあらゆる機能を詰め込んだ」 —— それだけ聞くと理論上は理想のモバイルバッテリーに最も近いように思えますが、実際に一週間使ってみて僕の肌に合うかどうかはまた別の話です。

Review

MadSpace — Harbor

HARBOR レビュー

これなに?

ソーラーパネル付の多機能モバイルバッテリー

すき

充電端子が豊富。ワイヤレスの高速充電が使えるのは何気に嬉しい

うーん

パススルー充電非推奨。30,000mAhは安心だけど存在感抜群の筐体と重量はいかがなものか

いくら?

9,600円(Makuake, 執筆時点)

モバイルバッテリーで760gは許容し難い

一週間「Harbor」を使うなかでずっと感じていたこと。モバイルバッテリー単体で760gって、けっこうな重量です。僕は基本的にスマホ・iPad・ノートPCの3台を持ち歩くのですが、これだけでも重さは既に1.5kg程に達しています。そこに「Harbor」と小物類を足したら総重量は2kgを優に超えるわけです。

「Harbor」を持ち運ぶとなった途端、重さに余裕がなくなり結果としてアイテムの取捨選択を迫られます。モバイルバッテリーはあくまで「持ち運ぶ」ことを前提とした製品ですから、少しでもバッグを軽くしたいと考えている人からすれば、これは大きなデメリットになり得る点だと思います。

HARBOR レビュー

手に持つとズッシリくる重さと筐体の存在感が強く感じられる

サイズ感もモバイルバッテリーにおいては重要な点だと考えています。残念ながら、「Harbor」を持っていて”モバイル性”を実感する機会は多くありませんでした。そうなると、Harborには常日頃持ち歩くモバイルバッテリーというより、災害のような緊急時に自立して電源を供給できるパワーバンクとしての側面が強いのかもしれません。

HARBOR レビュー

SARASAのペン3本分の厚み…?
HARBOR レビュー

僕の愛用マウス「Logicool MX Master 3」と並べる

しかし30,000mAhの安心感は素晴らしい

パワーバンクとしての性能には、目を見張るものがありました。Harborは30,000mAhの大容量バッテリーを備えています。これは数あるパワーバンクの中でも最大クラスの容量です。

例えば僕が愛用する13インチMacBook Proのバッテリーはおおよそ15,000mAhですから、単純計算で2回分のフル充電ができることになります。実際にはタブレットやスマホなど別のデバイスも充電する訳ですが、それら全てを0からフル充電したとしてもなお尽きぬバッテリーは外出先で計り知れない安心感を与えてくれます。

HARBOR レビュー

筐体側面に端子類が集合している

端子類をみてみましょう。構成はUSB Type-A(5V/3A)が3つ、QC(Quick Charge)対応のUSB Type-A(9V/2A)が1つ、USB PD(Power Delivery)対応のType-C 3.0(IN/OUT兼用)が1つ、そして本体充電用のMicro USBが1つの計6つです。

スマートフォンや小型デバイスの充電は4つのType-Aが担当します。うち一基はQC規格対応で最大18Wで充電可能なので、高速充電に対応するスマホやタブレットにはこちらが適しているかもしれません。

一方で、ノートPC等よりパワフルな電力供給を要するものはもっぱらType-C端子の担当です。今やType-C to Cケーブルを常日頃持ち歩くようになりましたが、利便性はもちろんのこと高出力で短時間のうちに充電できるUSB-Cの魅力には驚かされるばかり。だからこそ、Type-Cは最低でも2つ付けて欲しかった…そう悔やまずにはいられません。

これら充実の端子類を余すことなく活用して、最大6台のデバイスを同時に充電することができるのはこのプロダクトならではの強みです。パソコンに給電して作業しながら、スマホとイヤホンも同時に充電することができるのは効率的だと思います。

HARBOR レビュー

インジケータが電池残量を教えてくれる

電池残量をインジケーターで教えてくれるのはやはり便利ですよね。Harborの場合1/4刻みで残量を示してくれるので、大まかな把握には十分役立ちます。ちなみに、ソーラーパネルで発電中はインジケータ隣の「SOLAR」ランプが緑に光ります。

ワイヤレス充電の魅力を実感

HARBOR レビュー

充電効率よりもケーブルレスであることに魅力を感じる

Harborの背面にはワイヤレス充電パッドが搭載されています。出力は10Wとケーブル経由に比べて遅いですが、煩わしいケーブルなしにサッと充電できる利便性がとても心地良いです。特に出先だと、いちいちリュックからケーブルを取り出すのが面倒な時もあります。状況に応じてケーブル・ワイヤレスを使い分けられる仕様は非常にスマートです。

HARBOR レビュー

充電中は背面の緑のランプが点灯する

ただしここで本体のサイズ・重さがネックになってきます。Harborをリュックから取り出す時に、ちょっとした”覚悟”が必要になるんですよね。気軽に取り出して使えるようなサイズ感・取り回しの良さがあれば、ワイヤレス充電を利用する機会もより増えるんじゃないかと思わされます。

パススルー充電ができない

Harbor本体に給電しながら各デバイスを充電する、いわゆる「ながら充電」は推奨されていません。パススルー充電の強みはコンセントが一つあればバッテリーとデバイスを並行して充電できる点ですが、Harborではこれを活かせないのが残念なところです。

HARBOR レビュー

ソーラーパネルで発電中はデバイスへの給電ができない、ということになる

つまり、太陽光で蓄電している間はデバイスの充電ができないということ。この一点において、ソーラーパネルのメリットは大きく損なわれてしまいます。「ながら充電」ができないとなると、Harborを充電するためだけにわざわざ太陽光の下へ赴く、という奇妙な状況が発生します。

そこまでしてソーラーパネルを活用する気概があれば話は別ですが、そうでない限りは従来通りのケーブル充電がメインになって、太陽光発電を使う機会はどんどん減っていくでしょう。実際僕はこの通りになった訳ですが、例えば日当たりの良い室内にHarborを置いて据え置きのパワーバンクとして使うケースなどを考えれば、今よりもっとソーラーパネルを活用できるかもしれません。

LEDライトは緊急時のパワーバンクとしての役割を一層強くする

HARBOR レビュー

Harborの側面には、2つのLEDライトが搭載されている

筐体側面に搭載された2つのLEDライトは900ルーメンの高輝度であたり一面を照らします。電源ボタンを2回押すと明るさの変更や点滅などいくつかの点灯モードを切り替えることができるようになっています。そうなると役立つ場面というのはやはり緊急時が最初に思い浮かびますよね。近くに電力がない状況で電力の供給源になる、ポータブル電源としての役割です。

HARBOR レビュー

900ルーメンの明るい光があたり一面を照らしてくれる

ポータブル電源といえばキャンプやコンパクトカーでの車中泊、そういった場面でも重宝する存在ですから、Harborもまたこういった用途を想定して作られているのだと思います。夜の暗闇を照らす懐中電灯としても使える、まさに多機能のパワーバンクといった感じです。

モバイルバッテリーではなくポータブル電源?

Harborは普段から肌身離さず持ち歩くモバイルバッテリーというよりは、むしろアウトドアやキャンプ、はたまた緊急時に役立つポータブル電源としての意味合いが強いプロダクトである —— 一週間使ってみて強く印象に残ったことです。

良くも悪くも”中途半端”な使い勝手がもったいない

ところが、いざポータブル電源としてHarborをみると、若干の物足りなさを感じるのも事実です。30,000mAhの電源はモバイルバッテリーにしては大容量ですが、電源の乏しい環境で2〜3日使い続けるとなれば到底足りません。かといって、モバイルバッテリーとしてみるとHarborのサイズ感や重さが気になってしまいます。

多機能で品質も素晴らしい製品だけに、プロダクト全体でみたHarborの立ち位置と性能が中途半端になっているのは非常にもったいない! 一方で、屋内で据置きのパワーバンクとして使うのであればHarborの長所をより活かせるのではないかとも思いました。普段から複数のデバイスを使うガジェッターにとって、Harborが心強い見方になってくれるのは間違いありません。

Harborがオススメの人

  • 緊急時に自立して電源を供給できるパワーバンクが欲しい
  • キャンプなどアウトドアで気兼ねなく使える大容量のバッテリーが欲しい
  • USB-C充電とワイヤレス充電、両方使えるモバイルバッテリーを探している
  • パソコンも充電できる大容量・高出力のモバイルバッテリーが欲しい

今回レビューした「Harbor」は、クラウドファンディングサイト「Makuake」で支援購入することができます。6月末まで支援可能になっているので、気になる方は詳細をチェックしてみてください。

コメント・質問をどうぞ